耳、舌、目は肥えていた方がいいのか

/ 10月 17, 2018/ 働き方のデザイン, 暮らしのデザイン, 河北さん

河北さん
こんにちは!Doing ARTライター兼花粉症の河北です

〇〇が肥えてるからな〜なんてたまに聞く言葉ですが、実際耳、舌、目は肥えてた方がいいんでしょうか?
肥えてるという言葉はどちらかというとプラスのイメージあります。
言われるとそんなに悪い気はしないですよね?舌も目も耳も肥えてた方がいい。
そんな印象を植え付けられて育てられた気がします。

辞書で調べても基本的にはこんな感じでプラスなことが書いてあります。

経験を積んでよいわるいを識別する能力がたかくなる。 「目が-・えている」 「耳が-・えている」 「舌が-・えている」

大辞林

 

でも結論から言うと肥えてても肥えてなくても「いい」と思う振り幅が大きい方がいいと思うんですよ。そもそも正解がないものなので。

花火大会での出来事

札幌モエレ沼花火大会

以前に友達と旅行に行った時にこんな事がありました。とある花火大会に行った時に自分はすごくよかったので興奮気味にめっちゃやばかったね、すごいよかったね。と伝えると、

しらっとした態度で「なんかあんまり美味しい肉食べた事ない人の感想みたいだな」と。言われました。

がーん、なにそれ。。。

確かにもういい年です。そんな興奮したりするのはカッコ悪いのかもしれない。
でも花火綺麗だったじゃん。他の花火大会は関係ないじゃん。と心の中で思いました。

人間は年を重ねるごとに色んな経験をしていきます。
たいしたことでは驚かなくなるし、感動もしなくなります。

でもこれっていいことなのかな?とその時ふと思いました。これだったらずっと子供の時の感覚が同期してた方が人生楽しいんじゃないのかと。

要するにもっとすごい花火大会を見たことないからこんくらいで感動するんだってことですよね?感覚が肥えてないってことですよね。

で、肥えるってなんなんだろうって思いました。

 

耳が肥えていくのが怖い

私は音楽をよく聴きますのでたぶん普通の人より多少耳は肥えてる方だと思います。
でも最近すごく思うのはどんな音楽を聴いてもうわ、やばい!とかって感覚がなくなってきてるんです。
ああ、かっこいいねくらいで終わってしまうんです。すごく怖い。

でも僕が肥えるを考えだして自分でああこれっていいことじゃんと勝手に思ってるのは10代の時聴いてた音楽も今だに聴く事です。「10代の時はよく聴いてたわ」がないわけです。なので好きな音楽が増えていってるわけですね。

ただどんどんマニアックなわけのわからない方向に進んでいってしまってるのも確かですが。。。

 

子供舌はほめ言葉?

長野・信州・別所温泉旅館花屋の夕食

肥えるというのを一番聞くのは食べ物じゃないでしょうか。舌です。

舌が肥えてるってことは一般的に皆がおいしい、と感じてもその人は皆よりはおいしい、と感じなくなる、ということですよね。舌がちょっとの事じゃ満足しなくなるということですよね。

でも人生を楽しむという観点で単純に考えたらどんなもの食べても美味しいって感じれた方が人生よくないですか?幸せを感じるコスパが高くないですか?

今のところ僕の舌はおかしいので何食べても大抵おいしいと感じます。美味しいもの食べてないのかな。。。笑 こんなこと書いてるとこの人かわいそうとか思われそう。笑

そう、でも結局、肥えてない人は花火の時と同じくバカにされる傾向にあるんですよね。
あんまりいいもの食べてなさそうとか、味覚が子供だとか。
なので成長しないといけないと思う。でもそれって成長なのかなと疑問に思うわけです。

どちらかというと大人になるにつれて、その成長しないといけないという思いからこれがいいって言ってる自分はかっこいい。これがわかる俺ってかっこいいという変なプライドに代わって膨れ上がってくるイメージです。

 

まとめ

擲り書きしていたらなにが言いたいのかわからなくなってきましたが、まとめると肥えてようが肥えてなかろうが人生楽しむべきだと考えるのであればなるべく多く面白いと思ったり、いい曲だなと思える曲に出会ったり、美味しいなと思える方向に自分をもってった方がワクワクしていいんじゃないかと思うわけです。

特にクリエイターなんかは肥えてない人に感覚を合わせる事が必要になってくるので非常に大切な事だと思います。合わせない人はアートというものを生み出すんでしょうけど。

ポール・マッカットニー氏がインタビューでこんな事を言っていました。

曲作りとかで煮詰まったとき、僕とジョンはいつも「17歳の自分だったらどうしていただろうね?」って考えていた。だって、17歳の頃の自分が一番いい答えを知っていたから。いいものはいい、嫌なものは嫌とハッキリ言えたのは17歳の頃で、大人になればなるほど、「うーん、まあそれもアリかもね」みたいに言いがちじゃない?

https://www.cinra.net/interview/201810-paulmccartney

 

人生はたしかにどんどん刺激がなくなっていきますが、ちょっと意識を変えるだけで結構色んな発見があったりします。

芸能人とかって感受性豊かとかいいませんか?あと僕感覚が子供のまんまであんま変わってないとか、この年って自覚がないとか聞きませんか?
それってすごく大切な事だと思うんですよね。なので自分も楽しむための知識をもっともっと増やしたいと考えております。

でも一生線香花火にも感動したい。
そんなさぶい名言で締めたいと思います。笑

ほんとあほっぽいことで笑って生きていきたいですねー。

スポンサーリンク