DTM始めました 〜初心者が買うべき機材〜

/ 7月 8, 2018/ 河北さん, 音楽家への道のり

河北さん
こんにちは!Doing ARTライター兼花粉症の河北です

ついにDTMを始めました。

DTMとは何かというとデスクトップミュージックですね。

(英語:DeskTopMusic 、略称:DTM)とは、パソコンと電子楽器をMIDIなどで接続して演奏する音楽、あるいはその音楽制作行為の総称。”DTP”(デスクトップパブリッシング)をもじって作られた和製英語である。英語圏では同一の事柄をComputer Musicと呼ぶ。

 

今はパソコン1台で音楽を作れる時代です。ということでこちらには勉強した事を綴っていこうかと思います。いつの日かカッコいい音楽が作れる事を夢見ております。

河北はバンドでベースをやっていたことがあるので、方向性としては今までやったことのないクラブミュージックがいいかなと思っております。なのでまずは機材を揃えようかと思います。

クラブミュージックだと必要なものは

  • PC
  • ソフトウェア
  • 音源

大きところだとそれくらいでしょうか。クラブ系のミュージックだと人気があるソフトウェアはLIVEですかね。ちょっとずつ揃えていこうと思います。

それではよろしくおねがいします。

スポンサーリンク

エンジニアに聞いた おすすめ 宅録機材ネクストレベル

/ 4月 28, 2018/ アート

河北さん
こんにちは!Doing ARTライター兼花粉症の河北です

レーベルの方でお世話になっているエンジニアさんに宅録の機材について聞いてきたのをまとめました。今回は初心者ではなく中級者から上級者向けの機材になってると思います。

今やパソコンあればレコーデョイングができる時代。
しかしながらやはりプロのエンジニアとの差は歴然。機材環境の差か、技術の差か。

わたくし自身も、DTMを始めてもっと宅録技術をあげたいなーと思っていますが、正直何をどうすればいいのかわかりません。なにを買ったらいいかもわかりません。

今後さらに投資するために丁度NEWスタジオを構築するため、いろいろと購入→試すを繰り返してた結果をエンジニアさんに聞いたのでまとめてみました。

優先順位を考えないとキリがないので普通のスタジオにあるような高すぎるものは正直
厳しいので省いて、コスパが良くて初心者が次のレベルにいきたいなと思った時に買うような機材題して宅録機材ネクストレベル。

でも最終的には本当に耳と技術とのことでした。ちーん。

 

スピーカー

まずはスピーカーです。モニター環境はかなりかなり大事だと語ってました。

置く位置だったり反射だったりによっても大分聴こえ方が変わります。

部屋の大きさに合わせてクロス
iラウド スピーカー。やはりまずはスピーカー。ここはいいものを。定番。定番のYAMAHA NS10通称テンモニといわれるから引き継いだヤマハのサウンドはやはり扱いやすく

 

YAMAHA MSP 5

コスパのいいものだとMSP5
プロのエンジニアでも結構使ってる人が多いそう。MSP3はローがあんま出ないっしょ?と言われたのでMSP5に変えようかどうしようか考え中。

そしてこれのもう一個下の小さいものを購入してみました。yamaha msp 3というものです。

部屋のサイズや環境によって出せる音の量が違うのであまり大きいスピーカーでも家だと力を発揮できない可能性が高いとのことおなので自分の部屋に合わせて購入しましょう。

小さい部屋の人にはオススメ。

 

YAMAHA MSP 3

msp5とはちょっとサイズが小さいタイプ。

 

人気あるのはGENELECジェネレックシリーズ

もう少し予算があるならGENELECもおすすめ。これはさらに小さい。もちろん大きいのもあるが小さいスピーカーを考えてるならこのサイズだとGENELECはトップクラスのサウンド。

使っている人も多いです。モニターとしておすすめなのは

 

 

 

 

オーディオインターフェイス

オーディオインターフェイスは簡単にいうとパソコンに歌やギターやら楽器を演奏したものを取り込むもの。ギターの音をデジタルに変換してパソコンにとりこんでそれをまたアナログにしてスピーカーからだすとかマイクプリアンプといった音を増幅させる部分も組み込まれている。
AD/DC  いろんなものがセットになってるもの。

スタジオとかにいくとこれがバラバラでしかも一つ一つが高いものなので
まずパソコンにギターとか歌とかを取り込むのに必要なもの。

スタジオだとこれを別々の機材として買うんですがオーディオインターフェイスはこれがすべて一緒になってるのでこれを買うとギターやボーカルの録音ができるようになる。

最近のオーディオインターフェイスはクオリティーも高くてこれ一台でほんとにいい音がとれるよ

一番おすすめなのはこれ。使ってる人も多いよ。

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / APOLLO TWIN SOLO ¥75,000(税抜)

サンダーボルト接続だが レイテンシがない。

DSPが入ってるためPcで処理せずパソコンのパワーを使わないのでかけどりができる。

これにシュミレートしたニーブ1073はキャラが近いかもしれない。

 

 

私は個人的にこれのもう一つグレードが高いタイプが今欲しい。

 

RME FIREFACE UCX

ドイツのメーカーREM。

 

 

10万以下のプリアンプでおすすめ

プリアンプはオーディオインターフェイスにもついているんですが別で買う場合もあります。

Chameleon Labs 7602 MKII(通常版):¥79,800

 

ニーブのクローン
CHAMELEON LABS カメレオン ラボ
値段は¥139,800(税抜)

中田ヤスタカさんもこれのシュミレートにマイク直結で使っているというもの。

いい音なので
ニーブ質感が欲しいなら手軽でおすすめです。

10万以下のプリならおすすめ

カメレオンラボの7602の1番上の トーンフレークカスタムがマリンエアトランスというのを使っていて

一個下のランク と比べたど あんまり差はなかったよ。

 

 

FOCUSRITE

ISA One Analogue

¥45,400(抜)¥49,032(込)

フォーカスライト アイセス えー レンジが広い

 

AURORA AUDIO GTQ2

GTQ2_02

 

 

ニーブ  1073 DPD  100万

これはちょっと高いですね。100万だして買う価値はあるのかというと不明。

 

ニーブ 1066

人によって合わない時がある

トランスによって変わってくるのでマリンエアトランスがつくられてないトランスで後期はセイントアイブスってトランスになってる

ニーブはレンジがせまい。

モニター

リファレンスがちゃんととれてるか
技術
電源
SSD

ニューヨーク トムコーリン

マスタリングの存在意義がわからない

師匠

ケーブル・ソムリエ 三好敏彦氏 抵抗を4Ω以下にした

炊飯器を15万のケーブルで試したら20秒早くたけた

SSDも全社取り寄せてためしたり
彼のミックスはアタックがあり 奥行きがあるらしい

ある程度のものをつかえばケーブルはなんでもいい
ノイズが入んなければ
音がよくなる

滝沢さんが

おすすめコンプ

DRAWMER(ドローマー)の1960

¥208,000(税抜) (¥224,640 税込)

 

 

Urei 1176

¥202,800(税抜)

(¥219,024 税込)100万だしてニーブ買うのがバカバカしくて

ニーブのクローンで1番近かった

1番おとが変わったのが

うーレーの弱点は
リミッターなので
レンジがせまくなるという点。

FMR AUDIO ( エフエムアールオーディオ ) / RNC1773

¥26,800(税抜) (¥28,944 税込)

コスパ高いです。

 

DISTRESSOR(EL-8/EL-8X)

¥179,800

DSPでやれればいいけど ネイティブだとこわい

なんとなくの差しかない

 

買うならコンディションを重視したほうがいいよ

 

ebayでは買わないほうがいい

マイク

ブルーバード

 

 

プラグインおすすめ

ルーセンバーグ ラッセンバーグ

ITマルチメディア

フェニックス サチュレーター

てーぷっぽいのを作れる

l2は 最後バランスが崩れやすい
l1はカス
FGX 低音でトリガーして歪む場合が多い 低音がですぎてるかもしれない

ショートリバーブは分厚くなる
ロングは余韻用

EQで高音低音削る
シンセも8kHz くらいとかは削ったほうがいいかも
EDMだと ハイハットとか超ウルトラハイがでるかのせいがある

マイクいいの買ったほうがいい

おとが派手になる アナログ独特の倍音がでるので
20万

ユニバーサルスタジオ ブラックフェイス bスタ

mjsk スタジオ

倍音がでるようなとりかたと

SSL

ディバイデットワン
岩田さん

音っていうのはほんとにあやふやなもんんで

かの有名なさんも 自分の耳だといっております

ビンテージギターと安いギターの弾き比べも
いいきられたら わからないし

ためしにクリック使って練習してる人はテンポ5上げたって言って
あげずにスタジオで演奏してみてください。

まあまあな確率でひっかかります。

それくらい人間の感覚は曖昧なので

気分によっても変わるし ほんと音楽機材業界にあやつられてんじゃないかと

思う次第です。

ブラインドテストしてわからないくらいのものは気にしないことにしたら
ほとんどのことわからないということに気づいた。

スポンサーリンク