オクトーバーフェストだけじゃない!ドイツ三大ビールフェスの1つerlangen fest(エアランゲン)

/ 6月 22, 2018/ ヨーロッパ, 旅のデザイン, 河北さん

河北さん
こんにちは!Doing ARTライター兼花粉症の河北です

滞在先でトルコ人の彼に教えてもらったErlangen festというのへローテンベルクから帰ってきた足で向かいました。ニュルンベルクの駅から再び電車に乗って20分ほどでErlangenという駅に到着します。

トルコ人の彼が言う「祭りだしみんないるからみんなについてけばわかるよ」という言葉を鵜呑みにした私は調べることもせずにまあ着いたら祭りな感じなんだろうと特に心配もせずにいました。

正確にいうと”Erlangen”の日本語の読み方がわからず”アールガン”、”エールガン”と言われた発音を思い出しながら検索してもでてこず、英語で検索したホームページらしきものもドイツ語で情報がわからなかったため事前に調べることを放棄していました。

しかし、いざ駅から出てみると周りを見渡す限り特にお祭りをやってる気配は全くなく平日感丸出しでした。

あれ?やばい、もしやだまされたか、聞き間違え?昨日まで?と不安が頭をよぎったのは言うまでもありません。

そんな殺伐とした雰囲気の中、とりあえず散策をしないことには始まらないので駅から出てまっすぐ歩いてそれらしきものはないか様子をみました。人もいますがパラパラ。ヒントも得れません。

ネットもなかったので仕方なくあれをやるしかないと、とりあえず旅人ステッキ(ドラえもんの道具)風の枝を使い導く方向(駅を背にして右)へ5分〜10分ほど歩いてみました。

ただ特に変わった様子もなく前方には希望を感じなかったのでこのまま旅人ステッキを信じる気もなくなり、なければないでぷらぷらして帰るかと今度は駅を背にして左へ。諦めモードで歩くこと10分。なんとなーくこの先に祭りの可能性を暗示させる雰囲気を感じてきたので、もうここまできたら行ってしまえとひたすらまっすぐ歩いてみました。

さらに5分くらいあるくと徐々にドイツの伝統的な衣装を着た女性と酔っ払いが増えてきました。
間違いない、この先に何かがある。と確信しテンションが上がります。旅人ステッキ信じなくてよかったと心の底から思いました。

さらにずーっと歩いて行くと観覧車らしきものが見えてきました。結局20分くらい歩いたと思います。

Erlanger Bergkirchweih

ちなみにもともとこれはフェスと聞いていたので、勝手に勘違いしてミュージックフェスティバルかなにかのイベントかと思って行ったんですが、予想を裏切り、ビールによるビールのためのビールフェスでした。さすがドイツ。

 

オクトーバーフェストより歴史が古い

ドイツのビールフェスはオクトバーフェストしか知らなかったんですが、のちに調べた情報によるとエアランゲンフェストは三大ビール祭りの1つでミュンヘンのオクトーバーフェストより歴史が古いんだそうです。

オクトーバーフェストが、1810年に始まったのに対して、エアランゲンフェストはその約60年前に始まったみたいですよ。期間中は、一日に約10万人来るみたいです。

そんなこんなで歩いているとそのままみんな遊園地に吸い込まれていったので流れに沿って入り口で簡単な荷物チェックを行い中に侵入します。入るのに入場料はいらないのでビール代と乗りたければ乗り物やゲーム代のみです。

 

中へ突入

中はライトでクリスマスのようなデコレーションがしてありとにかくカラフルで綺麗です。遊園地のなので普段からこのライトアップされてるのかこのフェスのためにデコレーションしてるのかわからないですが、とても子どもごごろをくすぐるライトアップです。

 

可愛らしいお菓子です。絶対食べ切れないサイズ感のチョコです。

 

微妙な力加減でボーリングの玉を転がしてうまく止まれば景品ゲット的なゲームです。日本にもありますね。昔ぬいぐるみをとった記憶があります。

 

乗り物もバイキングからメリーゴーラウンドのようなものまで色々あります。

 

メリーゴーランド車版。

 

食べ物系も

 

お遊び系も

 

かなり充実で盛り上がってます。こういったところをビール飲みながらプラプラするようです。

デコレーションをのぞいて出店は日本とほぼ変わらない気がします。すごく綺麗だったのでもしかしたら夜行ったのはラッキーだったのかもしれません。とりあえず一通りみましたが、アジア人らしき人は見かけませんでした。びっくりです。

 

ライブ

一通り周った後、ライブスペースを発見したのでライブを見ながらビールを飲むことにしました。もともとミュージックフェスのつもりで来たのでちょうどよかったです。

 

ビールです。みんなマスという小さい樽のような入れ物で飲んでいましたが普通のジョッキにしました。値段は10ユーロなので高いです。これが最小です。

バンドは基本的に有名な曲のコピーソングを演奏していましたが、あるドイツ語の曲を演奏し始めるとみんなで大合唱が始まりました。

結構ロックでパンクな曲でしたがたぶんドイツで流行った曲なんだろうと思います。
なんだかんだで懐かしのJPOPが一番盛り上がるみたいな感じでまったくついていけず、完全にとり残された感じでした。

そんな小さな小さなミュージクフェスでゆっくりしていたら突然雨がポツポツと。徐々に強くなっていき、みんな避難せざるをえないくらいの土砂降りに。

バンド演奏中止。

そしてみんな出店の前で雨宿りです。

雨宿りして観察しているとみんな傘を持ってないのでビニールシートを頭に乗せ10〜20人くらいがグループになって電車ごっこのように駅まで帰って行きました。異様な光景でしたが日本では同じ状況になってもこうはならないだろうなと思いました。折りたたみ傘をプレゼントしたかったです。

雨も弱まってきた22時くらい、タイ料理を食べて帰路に。
そんな感じで偶然勘違いで行ったフェスではありましたが非常に面白かったです。

ビールと遊園地好きの方は是非この大人も子供も楽しめるドイツのもうひとつのビールフェスerlangen fest(エアランゲン)も行ってみてください。

毎年5月くらいにやっているみたいです。

写真は私のインスタでもアップしておりますのでよかったら是非ご覧ください。

HP:https://www.berch.info/

場所:Erlanger Bergkirchweih

スポンサーリンク