下北沢「百楽門酒家」でたっぷり香辛料の火鍋をいただきました

/ 4月 20, 2018/ おいしいお店, 河北さん

河北さん
こんにちは!Doing ARTライター兼花粉症の河北です

先日下北沢で友達の舞台を鑑賞した後、中国家庭料理、略して中華料理を食べて参りました。

火鍋とあってか店の中に入った瞬間からすごい香辛料の匂いがします。
一旦席に着いた後、店員さんが何も言ってないのに広い席が空いたからと席を変えてくれました。店員さん優しいです。

席に座ってメニューを見るもさすが中華料理は良心的。
普通の中華料理も美味しそうだったので食べたかったんですが今回は売りになってる火鍋的なのをチョイスしました。1人前2000円ほど。

まずサラダ的なのがきます。ツナとクラゲの美味しいのです。手前のは何かわかりません。

 

野菜はこんな感じで盛られてくるので思わずうわすごいのきたと言ってしまいます。結構でかいです。

 

運ばれてきた鍋にはもうものすごい数の謎の実が浮いていて見事なまでに香辛料でっせ〜という匂いを醸し出してます。中国4000年の歴史的なあったまりそうな匂いです。1つは辛いのでもう1つはノーマルのです。

 

肉は豚とラムの二種類が登場します。

 

いつものようにガンガン入れていくとこのように見栄えが悪くなります。不思議なもんで食べると本当に体があったかくなります。そして右の赤い方は普通にからいです。

 

量もちょうどよくお腹いっぱいになったところへ最後はマンゴー的なデザート。
ぶひゃっとした食感です。

鍋はやっぱ美味しかったです。ずっと演技論語って終了しました。

ごちそうさまでした。

では、また。

ホットペッパー:https://www.hotpepper.jp/strJ000022379/course/

場所:百楽門酒家

スポンサーリンク