超簡単・手動スキャナーで手書きイラストや文字をパスにする方法

/ 5月 9, 2018/ Mr.Hamaji, デザイナーお役立ち, デザイン

最近、徹底した節約ぶりが話題のMr.Hamajiです。友人からはただのケチじゃんとディスられております。

スキャナーやプリンターは家にありますか?という質問をよくされますが、買おう買おうと思いつつだんだんお金が勿体無くなって結局買わずじまいです。
プリンターは近くにkinko’sがあるので、しっかりした印刷が必要な時はそちらで出力をお願いしています。

kinko’s webサイト → https://www.kinkos.co.jp/

 

最近はUSBなどでデータを持って行って、PCやスキャナーごと時間単位で使用できるサービスがあるので、そちらがオススメです。Macかwindowsも選べるし、illustratorやphotoshopも使用でき、紙も選べるのでとっても便利。

店頭PCレンタル → https://www.kinkos.co.jp/service/self/pc-rental-10010001.html

 

しっかりした印刷はこういったお店に持っていけば問題ありません。もっと簡単に出力したイメージを確認したい場合は、コンビニのコピー機サービスを利用しています。
私が利用しているのはこのPrint smashっていうサービス。

Print Smash → http://www.sharp.co.jp/multicopy/prsm/

アプリをダウンロードして、スマホにPDFを保存し、コンビニのコピー機に行って転送するとすぐ印刷ができるっていう簡単サービス。こちらも画質も色も十分なので、簡単な出力の際はコンビニで印刷して確認しております。

 

問題はスキャナー、、!これはもっと頻繁に使うし、スマホのカメラで上から撮影しても影が入ってしまったり、画面が歪んでしまったり。なかなか綺麗に撮影できず、スキャナーはやはり必要だなと思っていたのですが、、ナイスなアイデアを思いついてしまいました。

 

その名も簡単手動スキャン

Hamajiの節約根性が生んだこの手動スキャン、ちょっとご紹介します。節約したい方には本当オススメです。それでは今回は手書き文字をスキャンしてみましょう。

まずはillustratorのアートボードを作り、画面いっぱいを白で覆います。

 

そして手書きの文字を読み取りやすいように白い紙に黒い文字で書きましょう。

 

そしてこの紙をPC画面にマスキングテープで貼ります。そしてこれをスマホもしくは、カメラで正面から撮影するという流れ。(高解像度が必要な場合は一眼レフとかだとバッチリ)

 

流れはこれだけ。超簡単です。これ壁でもできるじゃんとか思ったアナタ!人の家の壁にも色々あります、、。Hamaji家は築40年越えなので、白壁は白壁でもボコボコした白壁で、背景の色が写り込んでしまうため、なかなかフラットな画面になりません。

そしてこれのメリットは、紙の後ろのPCが程よく発光するので、スキャナーと同じ要領で黒い文字をしっかりキャッチしてくれます。またPCのこの高さだと、座りながら手を固定して正面から撮影できるので、歪んだりすることがほとんどないのもグッドポイント。

今回は手書き文字ですが、おそらく同じ要領で写真等を貼って試しても歪みなく明るさも綺麗に出てくれると思います。せっかくなので、この撮影した文字をイラレのパスに落とし込む方法も伝授します。

撮影した写真をPCで読み込みます。

 

読み込んだ写真をフォトショップで開いてグレースケールにします。

 

これだけだとまだ暗いので、レベル補正を選択します。

 

黒と白のバーを中心にグッと持っていき、画面を思いっきり白黒で分けます。

 

そして画像を統合します。

 

色域指定を選択します。

 

数値は許容量150くらい。

 

今は白い部分のみが選択されているのでshift+command + I で、選択範囲を反転し、黒い文字の部分を選択します。

 

そしてcommand + J を押すと、選択した黒い文字の部分のみのレイヤーがコピーされます。

 

そしてそのままパスのタブをクリックしてメニューから作業用パスを作成を選択します。

 

数値は0.5pixelでOK。

 

文字のパスが作成されました。

 

書き出しからillusutratorへのパス書き出しを選択します。

 

保存先を選択して保存。

 

保存されたデータをillustratorで開くと、、パス化された文字が出来上がってます。

 

これで一つ一つのパーツの色を変えたり、大きさを変えることができるようになったので、あとはai上で調整しましょう。ほとんど歪みもなくパーフェクトな手動スキャンですね。

もちろんしっかりしたものや本などのスキャンは、kinko’sでやったほうがいいと思いますが、こちらもとっても簡単なのでオススメです。

最近は「CamScanner」とか便利なアプリもありますけどね。笑

では。

スポンサーリンク