アイスランドは南海岸がおすすめ! Vertraの日帰りツアーで絶景の大自然を満喫

/ 5月 27, 2018/ Mr.Hamaji, ヨーロッパ, 旅のデザイン

Mr.Hamaji
こんにちは!Doing ARTデザイナーのMr.Hamajiです

今回は11月に行ったアイスランドの思い出を綴りたいと思います。
メインはアイスランドの音楽フェス・エアウェイブスだったのですが。

アイスランドの音楽フェス “Air Waves”でバンドのプロモーションしてみた vol.1

アイスランドの見どころといえば広大な大自然。せっかくなので南部に行って氷河などをみたいなと考えておりました。移動のことを考えるとツアーに参加するのが一番良かったので、自前にツアーの予約をしました。

当日は8時半頃バス停に集合。アイスランドの宿泊地は首都のレイキャビクがメインで、電車はないので移動はバスかタクシー。ツアーだとホテルへピックアップしに来てくれたりもして便利です。

バスはwifiが使用できるし、英語のガイドさん付き。日の出の時間が遅いため、バスが動き出した9時過ぎに窓から見えた朝日がとても綺麗でした。

 

広大な大地、、やっぱり地元に似てる気がします。

1. Hvolsvöllur ハヴォルスヴォルール

広すぎる草原と、雪山が一望できるスポットで下車。この日はとても晴れていたので、虹が見え、、Hamaji感激。Over the rainbow歌い出しちゃいましたよ。

 

2. Solheimajokull Glacier ソウルヘイマヨークトル氷河 (Mýrdalsjökull Glacier ミールダルスヨークトル氷河)

レイキャヴィークからバスに揺られて約2時間、、。南部のミールダルスヨークトル氷河の氷舌ソウルヘイマヨークトル氷河が見えて来ました。
火山灰に覆われているため黒色をしており、その全長は8kmにも及びます。
しっかりした氷河トレッキングツアーもあります。私は観光のみだったので氷河の上を軽く散策しました。遠くに見える氷河を目指します。

 

天気が良かったので、崖の斜めには氷河に向かう人列の影ができておりました。

 

歩いて15分くらいで、氷河に到着。美大生には馴染み深いスタイロフォームにそっくり。

 

氷河の近くは寒いしツルツル滑るので足元に注意しましょう。

 

3. Black Sand Beach ブラックサンドビーチ (Reynisfjara レイニスファラ)

Hamajiが南部ツアーで一番楽しみにしていたのが、ヴィーク村手前にある海岸、ブラックサンドビーチです。THE810xのアンドレがBlack Sandy Beachesって曲をカバーしてたんですよね。

この曲がこのビーチのことを歌ってるのかは謎です。(多分違う気がする)
黒い砂っていうよりは、黒い小石が密集してる感じでした。確かに真っ黒でハワイや沖縄とかの爽やかなホワイトビーチとは違ってクールに見えました。

 

海岸線には奇岩、奇景多く、不思議な岩たちがたくさん。
こちらはレイニスドラゥンガルと呼ばれる奇岩。(ロウソクみたいな形)こちらは66mもあるそうです。アイスランドのポストカードなどのお土産にプリントされている名スポットです。

 

砂浜には断崖の洞穴があります。こちらもまた不思議な形で、柱が密集しているような岩壁。

 

見上げるとめっちゃ高い。高さ120mほどあるそう。写真に写ってる白い物体はフルマカモメという鳥。大量に飛んでて怖かったです。

 

4. Vik ヴィーク村

ちょうどお昼を過ぎたので、ヴィーク村に立ち寄ってランチタイム。パーキング的なところでレストランがありました。パーキングですら物価が高いので、普通に安いパンを買って食べました。

 

ヴィークで有名な丘の上の教会。小さくて可愛らしい。サンタが横たわってるみたいに見えました。

 

お昼休憩は1時間ほどあったので、早々に食べて近くの砂浜へ行ってみました。こちらもブラックサンド。石が黒くてツルツルしていて特徴的。記念に石を持って帰りました。

 

5. Skógar Folk Museum スコゥガル民族博物館

バスに揺られて爆睡していたら、次の目的地スコゥガル民族博物館に到着しておりました。
1949年にオープンしたこちらの博物館は、アイスランド人の生活の歴史が展示されております。こじんまりとしていて見やすかったです。そして展示の仕方も面白い。

 

屋外には当時の建築法で作られた家屋が並んでおります。

 

老後は風見鶏がついてる家に住みたいです。

 

6. Skogafoss スコーガフォスの滝

その後、スコゥガル民族博物館のすぐ近くにあるスコーガフォスの滝へ。幅25m、高さ60m。数多くの滝があるアイスランドでも、もっとも有名な滝の一つです。

もうね、とにかく寒かったです。容赦なく水しぶきが飛んできて、夏ならマイナスイオン~♪とか言えたかもしれませんが、寒過ぎてそんな余裕はございませんでしたよ。雨ガッパ着用しました。
この滝は、横に階段があって、滝の上まで登って見下ろすことができます。

Hamajiは滝の頂上には登らずに、、その横の草原にいた羊に心奪われました。みてこのお尻。思わず、いいケツしとるやないかとグラビア撮影並みにシャッター切ってしまいました。

 

モッフモフ!!!!アイスランドの生き物は全体的にモフモフ指数が高い気がしました。羊も、馬も、その辺にいる野良猫さえも。なんかモフモフしてて毛深くてあったかそう。寒さから身を守るためでしょう。

 

7. Seljalandsfoss セリャラントスフォスの滝

羊に癒された後は、ツアーを締めくくるセリャラントスフォスの滝へ。遠くから見るとこんな感じ。もう寒そうですね。

 

水量は多くはありませんが60mの落差はど迫力です。横から見るとこんな感じ。

 

おすすめポイントは滝の裏を歩くことができるという点。アイスランドではこの滝のみです。内側から写真を撮るとシルエットが浮かび出てインスタジェニックな写真が撮れます。

こちらも寒いし、水が飛び散ってるので雨ガッパ着用必須です。

以上7箇所を回って南部のツアー終了。ツアーの値段は1万円ちょいだったかな?車じゃないといけないし、電車やバスではいけないので、アイスランドの自然を一日で楽しみたい人にはおすすめです。他にもオーロラツアーや、ブルーラグーンツアーなど。いろんなツアーがあるので、是非参加してみてください。

アイスランド現地オプショナルツアーwebサイト →https://www.veltra.com/jp/europe/iceland/
では。

スポンサーリンク