独立3列の夜行バスは寝心地いいし快適だけど楽器は持ち込めない

/ 11月 16, 2018/ 旅のデザイン, 河北さん, 節約

河北さん
こんにちは!Doing ARTライター兼花粉症の河北です

エセミニマリストとして頑張っている私は好きなものはたくさんあってもOK。邪魔なものは排除というスタンスでやっております。なので一向にモノが減りません。あ、でもベッドは捨てた。

そして最近突っ張り棒を買ってきてクローゼットにおける服のスペースを増やしたせいでクローゼットに入っていたベースのハードケース2つが邪魔だなと思い実家に置いとこうと思ったんですが、宅急便で送るとしても5000円くらいかかりそうだったのでこれはもったいないな、そうだ実家に帰るついでに持って行こう。ケースだけなら軽いし大丈夫だろうということで実家に帰ってきました。

当日、バスの乗り場に到着。
出発案内時刻になって乗り場に行き名前をおばさんに告げると冷たい態度で「あ、楽器の持ち込みできませんよ。乗れませんよ」と言われるではありませんか。

えーーーーーーーーーーーーーそんなこと急に言われても困るしと思い「そんなこと急に言われても困る」とそのまま言いました。

するとちょっと待って下さいと他の人を先に案内した後に説明されました。

問題点は3つ

  1. そもそも楽器は駄目
  2. 預けれるケースは1人ひとつまで
  3. サイズが縦横で120cmまで

で、1に関しては持ってるのはケースで楽器は入ってないと説明するも信じて貰えず、2に関してもひとつのケースは自分の席に持ち込みます。と伝えましたが他の人の迷惑になるからダメと。最後3の120cm以内というのはなにをどうがんばっても超えています。

なんとかお願いしますと伝えると、今度はそのおばさんが運転手のところへ。

ジャムジャム 夜行バス名古屋行き

なにやらひそひそ笑いながら話しています。たぶんまたアホがきたよと言われていたんでしょう。

もちろんスーツケース入れるところを見てパンパンであれば諦めますが、みるとスカスカスカスカスカスーカだったのでもし空きがあるならのせてくれませんか?といいましたが、返ってきた答えは規定なんでという言葉。

え?これまさか本当に乗れないやつか?と脳裏をかすめそこをなんとかお願いします。と何度もお願いしてると運転手さんがやってきました。

最初は約款に書いてあるんでと言ってましたが、何度も頼んでいると「わかりました、じゃあ今回だけはこの誓約書にサインしてもらえるなら大丈夫です」と無事乗車決定。

誓約書の内容は壊れても文句言わない的なことでした。ケースって何回も説明してるのに。

「今回は私だからOKなだけで他の運転手だったら普通に断られますからね」と言われ二度としませんと三井ばりに言って乗車。どうやら運転手の一存で荷物を入れれるかどうか決めれるみたいですね。

最近気にいって乗ってる独立シートのバス。

横に席がある遠足で使うようなバスではなくひとつひとつの席が独立しており両サイドのカーテンで仕切れるようになっています。自分のスペースはJRの独立シートより全然広い。前との距離も結構あって席を倒すと足を普通に伸ばせます。バスのファーストクラスですな。

ジャムジャム 夜行バス独立シート名古屋行き車内

 

100vのコンセントも着いていてwifiも飛んでいます。至れり尽くせり。

ジャムジャム 夜行バス名古屋行きコンセント

 

普通のバスはちょっと狭かったり、となりに人がいるので夜行バスといえど結構寝るのが難しかったり目が覚めたりするんですが、独立シートだと寝て起きたら着いてるみたいな感じで非常によいです。これぞ夜行バスという感じで普通に寝れます。しかも値段が東京→名古屋で3000円。安い。新幹線の1/3。

ジャムジャム 夜行バス独立シート名古屋行き車内

新幹線はもう少しお金持ちになったら考えます。笑
ということで独立シートの夜行バスは楽器もちこまなければ節約にもすごくいいぞという話でした。でもまずは遠足バスを体感してからじゃないとこのよさはわからないと思います。是非夜行バス初心者様は遠足バスから始めてこの独立バスのありがたみを体感してください。

というのは母親の友達の娘に独立シートだったけど寝れなかったと言われたからです。これで寝れなかったらどのバスで寝れるのという感じです。これからは公園のベンチでもたまに寝てもう少し睡眠レベルをあげてくださいと伝えておきました。

スポンサーリンク