セーヌ川沿い歩いてエッフェル塔まで行ったルートと観光スポット

/ 7月 22, 2018/ ヨーロッパ, 旅のデザイン, 河北さん

河北さん
こんにちは!Doing ARTライター兼花粉症の河北です

パリに上陸しました。
観光大国フランス、パリに着いたからには観光するしかありません。

空港から街にでてホステルに向かいましたがチェックインは14時からと言われたので、でっかいロッカーに荷物を入れ、観光を開始しました。
行く直前にあらかじめGoogle Mapで行きたい場所に星をつけたら大体セーヌ川に沿いにあったので、ゴールをエッフェル塔にしてスタートしました。それにしても観光スポットありすぎます。

まずノートルダム、サントシャペル寺院に向かう為北駅からsite駅というところに電車で向かいます。
切符の買い方がわからず、販売機に並んでいると
女の子が署名お願いしますときました。これはスリの手口でもあるらしいのとなんの署名かわからなかったので丁重にお断りして切符10枚つづりのを買いましたが、いざ改札でどうやって切符を使うのかがわからず手こずっていたら「入って来なよ」みたいなことを通りすがりの人に言われ、なに笑顔で犯罪強要してるんだと思いましたがゲートも開いてるしチケットは持ってるわけだからいいかととりあえず入りました。

誰も切符を使ってる様子もないので不思議になって調べて見るとどうやら大気汚染で電車を使うよう政府に言われたとかで電車が全部ただということになっていたらしくチケット必要なかったようです。そんな事あるんですね。なので買ったチケット10枚中9枚余りました。確かに写真を見返すと大気が少し濁ってる感じがします。

ノートルダム寺院

まずはノートルダム。

スタート地点のsite駅に着き、まずサントシャペルをノートルダムと勘違いして中にはいりました。
ものすごい観光客。そしてすごい外装です。

 

祈ってる人はあまりいません。周りを歩いてる人がほとんどです。

 

サント・シャペル

こちらがサントシャペルでしたね。間違いに気づいてなかったので結局入りませんでした。

その後セーヌ川沿いにGoogleマップを頼りに歩くと見るからにすごい建物たちがお出迎えしてくれます。でもなんなのかはさっぱりわかりません。全部すごいので
とりあえず写真を撮りまくりました。本当に統一感がすごいです。

歩いている途中(駅でも言われましたが)変な女の子にまた署名を頼まれキレられるという謎の事件もありましたがそのまま歩いていくとルーブル美術館に着きました。

 

ルーブル美術館

 

迫力あります。透明なピラミッドもちゃんとありました。本日は中に入りません。

 

近くにあった門です。

 

オルセー美術館

ルーブル美術館の近くにありました。

その後ちょっと休憩。

 

再び歩き出して

 

案外あっけなく見えてきました。

 

エッフェル塔

 

ドーンとしてます。到着です。近くに桜も咲いてて綺麗です。

 

近くから船にも乗れるようです。

 

ちょっと大気が濁ってる感はありますが橋を渡ってちょっと離れた所に綺麗に見えるところがあります。

良い眺めでした。帰りはせっかくなのでぐるっと回ってシャンゼリゼ通りの方へ。

 

凱旋門

絶賛工事中!

お〜シャンゼリゼ〜♪と歌いながら
シャンゼリゼ通りを歩き終わったら
21時くらいになり足がオーバーヒートしていたので
適当に駅をみつけて帰りました。

どこもかしこもそんな感じでした。非常に楽しかったです。

写真は私のインスタでもアップしておりますのでよかったら是非ご覧ください。

では、また。

スポンサーリンク