人生デザインとは?ビートたけし氏に学ぶ生と死と成功

/ 9月 29, 2018/ デザイナーへの道のり, 働き方のデザイン, 写真家への道のり, 暮らしのデザイン, 河北さん, 陶芸家への道のり, 音楽家への道のり

河北さん
こんにちは!Doing ARTライター兼花粉症の河北です

つい先日適当にYouTubeを観ていたらビートタケシさんの動画にたどり着きました。
そこで語っていたのは生と死と成功について。とても興味深かったのでシェアしたいと思います。※ちょっと長いです

中学生と高校生に生きてることは素晴らしいて言ってるけど何が素晴らしいんだと思う?全然検討つかねーんだよ。生きてるといいことあってって何があんだよ?

もっと頑張れば、金稼げるようになるのがいいことなのか、有名になって女にモテることがいいことなのか、、生きてる意味を言ってくんねーじゃん。今までは宗教で地獄に落ちるとか、自殺したやつは生まれが輪廻で生まれ変わってなんて。

それはそれでわかるんだ。生きなきゃいけない理由ってのがないんだ。なんで生きていかなきゃいけないかわからない。でも俺がもし死ぬって言ったらもっと生きなさいって言うだろ?

だけど俺はなんで生きていくの?て言ったらもっとカンヌで賞もらってとか、映画で当たればみたいなことみんな言うけど俺もうもらったぜ。

カンヌでもらったって同じようなもんだろ?ベネチアでもらった感覚がもうひとつ増えるだけで死ねば同じだ。全部なくなってしまうわけだ。感じとして。

死んだ後に魂が残ってこういうことがあるんだって証明してくれればじゃあ生きようかって思うけど。

生物怪しいのはだから痛点作ったと思ったんだよな。痛さがなかったらみんな逝くぜ。生きていくための制御だよな。無茶しちゃいけないからどうやって気がつかせるか、痛さで気がつかせる。宗教とかよ。生きなきゃいけないって理由はあるんだろうけどそれがわかんないんだよな。

子孫を作らなきゃいけないっていったって食えない奴がいっぱいいるのに作ってるわけだから。

この前50代のオヤジが自殺したろ?あれ俺気持ちわかるもん。

生きる自由はないんだからよ。人間に残されてるのは死ぬ権利だけだよな。死ねるって言うかな。それを行使するのは人間の権利だと思っちゃうわけだ。

 

この前好きだったAvichiさんが亡くなられました。そのちょっと前にはLinkin Parkのボーカルチェスターさん。2人ともミュージシャンとしては大成功してますが死因は二人とも自殺。。。ジミ・ヘンドリックス、カートコバーン、天才的なアーティストは27歳で死ぬなんて言われてますが、成功ってなんなんだろうって考えさせられました。世間的に言えば2人とも大成功をおさめてるはず。お金も名声も家族もいてなんで?って。

もちろん本人にしかわからないことがほとんどです。もう生きていても意味がないと思ったのか、辛いと思ったのかはわかりません。

FUZEというウェブサイトにこんなことが書かれてました。

そこへ行くと、ロック・アーティストというのは、そうした「次のキャリア」みたいなものがない。

成功しても人生の充実を感じ切ることなしに、「アルバムを作ってはツアー」の繰り返し。それが60代になっても70代になっても続くのがほとんどだ。そんな人生の中でも確実に「創作者としてのピーク」というものが避けがたく存在し、ファンからはその「過去の輝いていた自分」と今の自分が常に比較される現実がある。

https://www.fuze.dj/2017/07/chester_bennington.html

 

もう認められてるのにずっと比較される世界です。日本はまだ売れても世界で売れるという次がありますが世界で売れたりすると次がないわけで、そうなるとやはりなにを目的にやるのか、やってたのかが重要になってきます。たけしさんもそんな状況になってるんじゃないかと思います。

成功するためには何が必要かとか、何をしたほうがいいとかは今の時代色々と情報が多いですが成功した後どうすればいいとか、成功するとこうなるよって成功者からの情報はあまりありません。それに例えばお金があるだけじゃ幸せにはならないよとお金持ちの人が言ったとしてもその状況じゃない人はなかなかその事を鵜呑みにするのが難しいと思います。

「好きなことで生きていく」

ここで大事なのは、音楽活動でもなんでもクリエイティブな活動をして夢があるのならなんのための活動なのかを考えた方がいいということ。「紅白」でも「売れる」でも「オリコン1位」でも「東京ドーム」を目指すでもいいと思います。でもそれはただの手段であって目的ではないということ。必要なのはビジョンです。

売れたことによってどうなるのか?誰かをどうしたいのかとか、世の中をどうしたいのかとか、そういう感じのことです。そういったものがないとただの欲になってしまいます。世間的にはもちろん成功者となりますが欲という乾きは潤しても潤してもすぐに乾いてきます。

人は1人1人使命があると思います。みんなの共通しているビジョンは幸福だと思いますが、そのビジョンにむかってアクションを起こしていかないと本当の意味での成功には結びつかないのかもれません。

例えばロックバンドなんかは夢を売る仕事。イメージもありますからそんなダサい事は言ってられないかもしれません。でも華やかな部分だけに憧れ、若いうちにビジョンもなにもないままお金、名声、権力なんかを手に入れてしまうと感謝ということを忘れ、自分の理想と現実とのギャップに耐えられなくなってしまうのではないでしょうか。

ちょっと話が大きくなりましたが、そんなことを考えさせられました。私も大きなビジョンをもって生きていきたいなと思います。

では、また。

スポンサーリンク