【パリ観光】セーヌ川沿いでスられないかわりに署名でキレられた話

/ 6月 15, 2018/ ヨーロッパ, 旅のデザイン, 河北さん

河北さん
こんにちは!Doing ARTライター兼花粉症の河北です

パリに到着しまいして、最初に観光にエッフェル塔を観に行った時の話です。
もちろん着く前にヨーロッパにはスリがいるとかスられたとかよく書いてあるので、どんな手口なのか盗みにきた手をパチンとはじくためにあらかじめ事前に調べていました。

その中でよく見たのが、「パリの観光スポットらへんで署名をもとめられる。署名を書かせて気をとられてるうちに他の仲間がスル。」というものです。
案の定セーヌ川沿いにエッフェル塔へ向かって歩いてる時、少女2人が署名を求めてきました。

「dじゃんkbtんけsmrg。hんrfmヵねrんが」

多分フランス語なので全くわかりません。
これは実際自分がスられたわけではないので本当になにか大事な署名活動であったのであれば非常に申し訳ないですが、事前にそんなスリ情報みてる上にフランス語でいわれたので正義か悪かの判断は不可能に近いです。なので得意の洗練されたジェスチャーで断るとその少女、態度が急変しました。

いきなりフランス語で怒鳴りはじめました。

「dんgkrんgs;えtんstんsじぇんtgkjね!!!!!!!!!!!!!!」

え?

ニコニコしてたのにいきなり突拍子もなくスイッチが入ったのでゾクッとしました。少女がキレると怖いです。ホラー的な怖さです。完全に想定外の反応でびっくりしました。しかし署名しなかったらキレるってちょっと考えられないですよね。脅迫じゃないですか。笑

うまくいかなかったから怒ったのか、なんなのか、とにかくでかい声でマジギレしていましたが、結局なにに対して怒ったのかもわからなかったし(私の洗練されたジェスチャーだろうか、、)コミュニケーションもとれなかったのでどうすることもできず、そのままメルシーとお辞儀してエッフェル塔に向かいました。

無事エッフェル塔に着くと同じような輩がいましたが、その後何度も署名を求められた際は得意のジェスチャーもせず全て無視しました。
もう話しかけてくるなオーラを出しまくっていたらそのうち話しかけられることもなくなりましたが、物売り含め変なのもいるので気をつけてください。

そんな話です。

写真は私のインスタでもアップしておりますのでよかったら是非ご覧ください。

では、また。

スポンサーリンク