ビールが苦手な人でも飲めるカクテル「レッドアイ」を家で飲もう

/ 8月 5, 2018/ 料理, 河北さん

河北さん
こんにちは!Doing ARTライター兼花粉症の河北です

最近はお付き合いで色々飲んでおりましてとりあえず生!が大好きな私ですが、中にはビールが苦手な人もいらっしゃると思います。今日はそんなビールが苦手な人におすすめなカクテルレッドアイを紹介したいと思います。

名前の由来で一般的に良く言われているのは、二日酔いで目が赤くなったような人が好んで飲んでいたからだという説(迎え酒のようなもの。)
また、元々は生卵を割り入れるカクテルで、グラスの底から卵黄が見えて赤い目のように見えるのが名前の由来であるという説もある。

wikipedia

 

だそうですがビールとトマトジュースのカクテルですね。これを帰り道にある最寄りの100円ローソンでビールとトマトジュースを買ってちょっと試してみようと家で飲んでみたらうまいいいいいいいとなったので勢いでシェアする次第です。

私、トマトジュースは子供のころ一口飲んでトラウマになるくらいまずく感じてましたが、どういうわけか大人になって舌の錯覚で普通においしく感じるようになりました。

レッドアイのよさは美味しさだけではないんです。トマトジュースは体にもいいのです。健康にいいお酒といえば養命酒ですがこのレッドアイは健康によくて美味しくて飲みやすいという3拍子そろってるんです。

ちなみにトマトジュースの主な栄養素はこんな感じです。

リコピン
熱に強く、強力な抗酸化作用を持つ成分です。シワやシミの元となる原因に働きかけ、肌老化を予防する働きがあることで知られています。また、脂肪の蓄積を防ぐ働きもあることから、生活習慣病の予防やダイエットにも効果的とされています。

リンゴ酸・クエン酸
トマトの酸味成分です。疲労の回復や、胃粘膜の健康を保つ働きがあるため、夏バテなどで体力が消耗している方にオススメです。

ケルセチン
トマトの皮に多く含まれる成分です。血管を丈夫にする働きがあるため、動脈硬化の予防効果が期待できるとされています。

食物繊維
腸内環境を整えて便通をよくする作用や、コレステロール値を下げる働きがあるため、便秘の改善や生活習慣病の予防に効果的と考えられています。トマトジュースには、水溶性食物繊維であるペクチンが特に多く含まれています。

カリウム
カリウムには、体内の余分な水分と塩分を排出する作用があるため、むくみの改善と高血圧の予防に役立ちます。

グルタミン酸
うまみ成分のひとつです。内蔵脂肪の蓄積を防ぐ働きがあるため、生活習慣病の予防に効果的と考えられています。また、グルタミン酸をはじめとするアミノ酸は、肌の潤いを保持する天然保湿成分の40%を占めるため、摂取することで美肌効果ももたらします。

http://www.skincare-univ.com/recipe/bihada/article/007263/

 

こうみると体にいいのがよくわかると思います。調べたらいいことがたくさんかいてありました。
その流れでビールも調べてみたらビールも色々栄養素があったんですね。

参考:https://gentosha-go.com/articles/-/8552

 

作り方

作り方はトマトジュースとビールを混ぜるだけなので伝えるまでもありませんが、ただグラスにトマトジュースとビールを注いだだけでは、グラスの上層にビール、下層にトマトジュースがあり、濃度が一定ではなくなっておいしさが半減してしまいます。分量によってもちろん味が変わります。私の場合は割方も色々試しましたがだいたい50パー50パーくらいが1番おいしいです。(個人的に)お店のはビールパワーが強い事が多いと思います。

ビールが苦手な人はトマトジュースを3分の2くらいいれるのがいいと思います。ビールの苦味が消えて飲みやすくなります。

ビールはアルコール度数が低いですがトマトジュースを混ぜることによってさらに緩和されます。お酒が強い人にはちょっと物足りないカクテルかもしれませんね。最後の仕上げにタバスコを数滴落とすと刺激のあるレッドアイに仕上がるみたいですよ。

 

材料

100円ローソンで買ったトマト。100円です。

 

同じくプライムドラフトグリーン100円です。

 

トマトジュースを変えたりビールの種類変たりしてみましたが「伊藤園 熟トマト」というのはちょっとスッキリしててそのまま飲むのはいいんですがレッドアイには合わなかったかなと思いました。100円ローソンのもいいですが、やはり食塩無添加のカゴメが美味しいですね。

 

店とかだと結構こんな感じの長いグラスで出てきますが細長いのより普通のコップの方が美味しく感じました。なぜだかはよくわかりません。

そんな感じで、美味しいので是非試してみてください。

では、また。

スポンサーリンク