RICHO GR買って素人が設定オートで撮った写真を晒す(夜景編)

/ 4月 24, 2018/ 写真, 河北さん, 買ってよかったもの

河北さん
こんばんは、ロマンチックで花粉症の河北です

RICOH GRを買って記念すべきファーストオートショットです。

今までRICOH Cxシリーズの流れで購入したGRですが使っていたCxシリーズと全くちがう画質にテンション上がりました。

高かったのである程度予想はしてましたが軽く、小さい上に、軌道も速く、画質がいい。
科学の力に感謝です。重さは全部含めて約245g。ただしそのかわりか、ズームが出来ません。

 

カメラ遍歴

携帯カメラ

リコーcx4

↓(スマホでも十分綺麗に撮れる?)

スマホ

↓(やっぱスマホはバッテリーがすぐなくなるから別で持っときたい)

リコーcx5再購入

↓(でも夜景が綺麗に撮れない)

コンデジ RICOH GR

↓(もっとカシャカシャ写真ぽく撮りたい、ファインダー覗きたい)

一眼レフ  Canon kiss x3、 x4やnikon D5000(借りもの)

あ、私のカメラ遍歴どうでもいいですか?笑

 

カメラは下記がおもに画質を決めるようですが

  1. センサーサイズ
  2. 画素数
  3. 画像処理エンジン
  4. レンズ

このGRというカメラには小さいのに一眼レフなんかについてるAPS-Cサイズのセンサーが付いています。

このセンサーサイズの部分が大きい方が綺麗で明るく、背景がぼけた味のある写真が撮れるらしいのでよくレンズのサイズで比較されていますが、撮った写真を見ていると正直センサーサイズ、画素数より、レンズが大事なのでは?と思います。

というのも今借りている同じセンサーサイズ(APS-C)の一眼、Canon kiss x3や4(with キットレンズ)よりもGRのほうが明らかに画質がいいと感じるためです。

もちろん私の技術力は皆無に等しいので上手い人が撮ったら違うと思いますが、あくまでオートで撮った場合です。

上記4つのなにがどう絡み合ってるのか細かい部分は正直わかりませんがたぶん画像処理エンジンとレンズなんじゃないかなーと推理してます。こういうスペック的な部分はどんな機材でもそうですが曖昧な感覚の部分につけこまれてる感じが似てて面白いですね。

結構レビューに流されたりするので自分の目や耳で判断するのがベストだとつくづく感じます。
ブラインドテストされたらわかんないことだらけです。

でもこのカメラはスマホのカメラよりちょっといい写真がとりたいというならカメラてこんな変わるんかというくらい綺麗に撮れるのでおすすめです。特に夜など。

ということで前置きがながくなりましたが以下撮った写真です。
カメラに内臓されてるエフェクトで多少加工感があるものもありますが全てオートです。三脚は使ってません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じのが撮れます。

やはり、暗いところでの写真が全然違うなという感じです。軽いし、起動速いし、画質いいしでプロがサブでこのカメラを使っているのもなんとなくわかります。

ということでRICHO GR買って素人が設定オートでとった写真でございました。

もっといい写真が撮れるよう頑張ります。

スポンサーリンク