マニラの語学学校へ行ってみた感想と学んだ英語上達勉強法

/ 9月 3, 2018/ アジア, 暮らしのデザイン, 河北さん

河北さん
こんにちは!Doing ARTライター兼花粉症の河北です

英語の勉強を始める時に何から始めてますか?

私の場合、最初はNHKの英語の番組や海外ドラマを観たり、本買って読んでみたりしてみました。
でも結局なんか伸びてる感じがしないし海外ドラマも面白くて英語の勉強どころじゃなくなってしまいました。そこで手っ取り早く話すには留学かと思いちょっと調べてみました。

留学は高い

正直、アメリカやカナダ、オーストラリア、イギリスなんかはパッといけるような値段ではなく、学校に通ってとなると短い期間でもやはり50万-100万くらいは必要です。気合入れてそれのための準備をしないといけません。でもそんな時間もかけたくないし、欲しいものもたくさんある。そんな方におすすめなのがフィリピン留学です。最初に発見した時は値段の安さにびっくりしました。

だいたい費用の平均は10万

最初にこの値段を見た時はなにこれ?と思いました。それから色々見始めるとプランや期間にもよりますが授業料込みでそれくらいのお値段。フィリピンてどこらへんにあるんだろう?英語ちゃんと教えてくれるのかな?なんて疑問は置いといて学校選びと調査スタートです。

 

You Tuberのカズさんが行った学校へ


色々調べてる中で発見したカズさんのこの動画。今では有名になってしまいましたがこれらの関連動画を見ると雰囲気がもろにわかると思います。行き方から食べ物からなにからなにまでレビューしてくれてるので大変ありがたかったです。さすがです。私は1人部屋でしたが独特の匂いがする建物でした。そこまでは動画からはわかりませんでしたが。笑

金額は寝床と3食飯付きで毎日6時間のマンツーマンレッスンで1ヶ月全部で15万くらいでした。よしこれだったらとすぐに申し込みをしました。思ったらすぐ行動です。他にも探せば今は色々な学校があるのでいいところがあると思います。ちなみにこの学校は私が帰ってからほどなくして潰れてしまいました。まだもう一つ姉妹校があるみたいですが。。。

学校選びで気をつけたのはマンツーマンかどうかくらいです。アウトプットが必要なのはわかっていたのでなるべくアウトプットしやすい環境がいいなと。マンツーマンでも話せないのにグループで発言するのは照れもでるだろうし最初は難しいんじゃないかという判断でした。

 

レッスンや英語に関して

ちなみに私のレベルは中学生の単語がわかるレベルで文法などはほとんど忘れてましたし聞き取ることもほとんどできないレベルでした。来ていた人もほとんどが日本人で会社から無理やりこさせられた税理士の人、米軍基地で働いてる人、フリーターなど様々でしたがほとんどみんな同じようなレベルでした。

内容は最初にレベルチェックがあり1日6時間 リーディング、グラマー、ライティングと2時間ずつ先生が代わります。はじめ2.3日は6時間ぶっ続けで勉強したら最後の方は余裕で思考が停止しました。

やはり最初はネイティブじゃない人に教わるのはどうなのかなという疑問はありましたが(訛りとか)行ってみて思ったのは自分がそういう事を気にするレベルではないなということです。

癖がついちゃうとって方もいらっしゃるかもしれませんが短期間で癖はつかないです。それよりも英語に慣れてくるような感じです。一応は6時間毎日話すので勉強モードになりますし、学校内は一応日本語禁止でした。ただ生徒のほとんどが日本人の学校でまともに話せる人も少なかったのでさすがに無理がありましたが。

ネイティブどうこうよりも教え方の方が重要です。これは先生によって全然違いました。合わない先生は代えていいとのことだったので1度代えさせてもらいました。理由は先生ばかりが一方的に話すからです。もちろん説明をしてくれてるんですが、基本的に説明も英語なので一方的に聞いてるだけじゃわけがわからないまま終わってしまいます。

重要なのは質問を織り交ぜてアウトプットをさせてくれるような進め方をしてくれる人がベストです。あとは話をちゃんと最後まで聞いてくれること。

僕がいい先生だなと思ったのは、ただ「うん、うん」と最後まで聞いてくれて、それからその事に対しての反応をしてくれる先生です。どうしても上手く話せないので先生は「こういうこと?」と予測をたててこちらがアウトプットする前に話し始めてしまいます。

そんな時はこう言いましょう。

「Let me Finish」

ちゃんと伝えたほうがいいと思います。

あとは単語の意味を先生に聞くのは時間がもったいないです。そんなのは辞書見ればのってるからです。しかも聞いたところで英語で説明されるのでよくわかりません。自分でアプリをダウンロードしておいてさっとみた方が早いです。私はウィズダムというのを行ってから購入しました。ちょっと高かったですが、オフラインでも使えるので重宝しました。調べたい単語に行き着くのも簡単でかなり使いやすく今でもよく使っています。

ウィズダム英和・和英辞典 2

¥2,900
(2018.09.03時点)
posted with ポチレバ

 

結構適当なスペルをうってもたどり着けることが多いです。

 

英語の勉強方法

みな同じくらいのカタコトレベルの中、1人授業に出るわけでもなく、いつもただDVDを見てるだけなのにペラペラな男性がいました。N君です。気になったのでそのN君にどうやって勉強してるのか聞いてみました。※写真はN君と先生方

すると彼は一言、

丸暗記、と。

彼はDVDを見てフレーズを発音含め丸暗記していたのです。なので明らかに教科書や本で英語勉強して来ましたって人とは発音が違いました。

フレーズを音と一緒に覚える。

単語で覚えてもあまり意味がない。フレーズにすると語尾の音も意味も変わるからとのことでした。で、覚えたらアウトプット。彼は日本で覚えたものを今アウトプットしてる状態で授業でやる教材はすべて終わってしまったからDVDを観ているとのこと。か、、かっこいい。

私も感じましたが日本でどれだけ勉強して来るかはもちろんかなり重要です。しかしスピードラーニングや、1週間でペラペラに!なんて怪しいのも含め勉強方法といっても色々あります。

自分自身もリーディングやらライティング、文法など色々とやっていましたが何をやれば近道なのかがわからず迷いがありました。もちろん全て必要な事だとは思いますが、まずはやることを一つに絞ること。このアドバイスを聞いてからは彼と同じ勉強法に切り替えて音を覚えることに全力を注ぎました。

なんで英語を勉強しているのかによっても勉強方法は変わってくるかと思いますが、私の場合は目的がTOEICの点をとりたい訳でもなく、映画を字幕なしでみたい訳でもなく、とにかくコミュニケーションをとりたいと明確だったのでそれを伝えるとだったらこれがいいよとこのアプリを勧められました。

Real英会話

¥600
(2018.09.03時点)
posted with ポチレバ

 

状況に合わせた音とネイティブのフレーズがたくさん入っていて、使いそうなのを選んで自分でお気に入りに入れて1日ひとつでいいから覚える。そしてアウトプット。続けていると文法もなんとなくわかってきます。このアプリひとつでかなりの勉強ができます。

 

フレーズが増えて来たら毎日50フレーズでも100フレーズでも繰り返し流して音と一緒に覚えます。自分の教えて欲しいフレーズをリクエストすることもできますし、学習モードもあります。すべて音声つきです。

そして、アウトプットするならスカイプレッスンがおすすめです。生徒の中にはすでにやっているという人も多かったですが正直留学よりもコスパはいいなと思います。毎日話せて月5000円とかです。帰って来てから始めましたが、だいたい2年くらい続けていれば勝手に話せるようになります。これは間違いないです。

そのおかげで今では文法とかほとんどやってませんが相手の言ってることもわかるので普通にコミュニケーションがとれますし、英語の字幕なしでも専門的なものでなければある程度わかるようになりました。

 

学校に行くべきか

とは言ってもやはり学校の魅力はたくさんあります。

まずはなにより楽しいです。集中して勉強できるのはもちろんですが、学校で会って手探りで仲良くなる感じとか、授業後どっかいこうみたいなノリや宿題なんかも含めて学校という環境に久々におかれることがです。

もちろん土日とかはお休みなのでどっかに行ったりもできます。僕は遠くまでは行きませんでしたが飛行機でどっかの島に行ったりって人もいました。

飲みに行ったり(安いです)、ケーキを買って来てみんなで食べたり、ゲームセンターに行ったり、買い物したり、送別会したり、パーティーしたり、遊園地行ったり、映画を観たり(これをスクリーンで流していいのかと思うくらいのB級映画でした)書ききれませんが思い出と友達がたくさんできました。帰って来てからも飲みに行ったりしてます。

あとは行くとやはりフィリピンのこともわかります。学校がつぶれたと書きましたが、わたしが心配なのは先生よりカズさんのビデオにも出てくるアテと呼ばれる食堂のおばちゃんです。あたしらなんか1日泊まり込みで働いて500円くらいやでと嘆いていました。働く場所はあるんでしょうか。

またスラムなどについては改めて書きますがかなり貧困の差が激しいなと感じました。空港からの送迎でいきなり子供に車を囲まれてお金を頂戴と中をジーと見られた顔が忘れられません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

正直言って1ヶ月でペラペラになるのかと言われれば答えはもちろんNOです。マンツーマンだと話す機会が多いのでどちらかといえば英語に慣れるという感覚でしょうか。何となく言ってることがわかってきて何となく受け答えが頑張ってできるような感じでした。

スカイプレッスンでもいいと思いますが学校は学校の魅力があります。時間に余裕がある人は是非行ってみてください。

こんな感じの流れだとスピーキング、リーディング、ライティングすべて大丈夫になります。

  1. 発音と一緒に使いそうなフレーズを覚える
  2. アウトプットする(覚えると聞き取れるようになって何を言ってるかわかるようになる)
  3. リーディングが問題なくなればイエス、ノーや数フレーズでも会話は成立するようになる
  4. ボキャブラリーを増やす
  5. 文法を多少学ぶ
  6. ライティング

あとはおもしろい記事があったのでシェアしときます。

http://junkuwabara.com/?p=2848

オリンピックまでには話せるようになっておきたいなんて目標を掲げるのもいいのではないでしょうか。

では、また。

スポンサーリンク