NYのタイムズスクエアでバンドのプロモーション

/ 5月 3, 2015/ Mr.Hamaji, 北米, 旅のデザイン, 音楽家への道のり

Mr.Hamaji
こんばんは!Doing ARTデザイナー兼クレイジージャーニーのMr.Hamajiです。

今回はニューヨークで時間があったのでTHE 810xのCDを配ってみました。

結果は、、

大成功。

ですがそんなに簡単ではなかったので今回はそんなNYでのあれこれを綴りたいと思います。

タイムズスクエアへ

昨夜作ったポップを首から下げてタイムズスクエアでプロモーション開始です。

やり始めると想像以上に恥ずかしいし、誰ももらってくれなくて、、、開始10分で心折れそうになりました。熱意は伝わるはずと、気を取り直して超笑顔で二時間ほど配り続けてみましたがもらってくれたのはたったの15人、、、。冷たい対応も多く、メンタルボロボロになりました。

アメリカは黒人の団体が同じようにCDを配ってるというか売っています。
なのでおそらくCD配ってると同じ手法だと思われてもらってくれないのです。
ポップに書いていても無料だということが伝わらない。。。


※追記
調べたら押し売りとかの被害にあってる人もいるようなのでお気をつけを。
無料な感じで無言でCDを渡されて受け取ったらお金を要求されたり名前を聞かれ、CDケースに名前を書かれお金を要求されたりなんて記事もありました。


これではあかんと緊急作戦会議のため近くのマックに避難し作戦を変更しました。

  • あまり意味がなかったため、ポップの廃止。
  • 順番をCDを配る→もらってくれた人に写真を撮らせてもらうから、写真撮らせてもらう→お礼にCDをあげるっていう戦法へ

作戦は「Can I take your picture with my CD?」作戦です。

 

再度決戦の地へ

再びタイムズスクエアへ。とりあえず優しそう&笑顔な人を探して、声をかけます。

「Can I take your picture with my CD?」

『?』顔をされましたが、バンドのプロモーションと言うと快く撮らせてくれました。しかもインスタなどにUPしてもOKと。こりゃいける、いけるで!!と完璧に調子に乗り、今度は観光客っぽい団体に声をかけてみました。

「yeah!! of course!!」

さっきまでの連敗は一体なんだったんだろう、、?ティーンズの団体だったので、CDも喜んでくれました。最初は謙虚な感じで『Excuse me..』と声かけてましたが、後半は『Hey Guys!! where are you from ??(超笑顔)』とどっから来たのか聞いちゃうくらいの余裕もでちゃいました。

結果、、

1組目

記念すべき一人目。 お母さんと二人で旅行中の可愛い子。
タイムズスクエアで写真を撮っていたところを奇襲。
すごくいい子で快諾してくれました。CDも後でチェックすると言ってくれんました

 

2組目

マンハッタンの中学生。これがニューヨークの若者かと。女の子はすでにおしゃれで、大人っぽかったです。 どんな音楽が流行ってるか聞いたら、テイラースウィフトとアリアナグランテと。 一番奥の男の子だけ、Bring Me The Horizonが好きと言ってて、私も好きと言ったら話が弾みました。 CDもこの子だけ興味津々でした。

 

3組目

英語が通じなかった2人。全く英語が通じなかったが、写真を撮られることは好きみたいで合計20カット位撮り直しさせられました。

 

4組目

ジャマイカの4人家族 子供達がずっとこっちを見ていたので直撃。多分CDの内容とか全くわかってないのに 4枚(家族全員分)くれと。4枚全て聞いてくれるかは謎だったがわたしました。
お母さんだけ照れて写真NG。 とにかく明るく素敵な家族でした。
お父さんはしきりに音楽はボブマーリーだと言っていて話し方にリズムがあり、ジャマイカを感じました。

 

5組目

フォーエバー21から出てきたところを直撃。家族で旅行中とのことでした。通り過ぎるおばさんに阻まれ、10カット位撮らせてもらいました。

 

6組目

デトロイトから来たというとても真面目な男の子3人組。おそらく中学生くらいだと思いますがすでにジェントルマンでした。とても丁寧な英語だった印象。日本に行ってみたいと言ってました。

 

7組目

驚くほどフレンドリー(From フィリピン) なこちらの団体は、彼らの方から私に何やってるのか話しかけてきてくれました。写真もたくさん撮らせてくれたし、どこにでも載せてくれと。CDも全員欲しいと言ってくれ、絶対聞くと言ってくれました。多分トータル30分近く話してたかも。フィリピン人はとにかく音楽が大好き、No borderと言ってました。名言。フィリピンいいですねー。

 

8組目

ヴァネッサハジェンス似の可愛い子を発見。
一番右の子がヴァネッサに似ていたので、思わず話しかけてしまいましたが、全員もれなく可愛かったです。

 

9組目

From韓国、話すのがもっとも難しかったのがアジア圏(フィリピン除く)。
なかなか写真を撮らせてもらえずとにかくガードが固かったです。
こちらの韓国人も旅行中で他にも10人くらいましたが、写真を撮らせてくれてのはこの2人のみでした。

 

10組目

モデルみたいな可愛い子発見。完璧私の好みだったので、声をかけました。
割とフレンドリーで、フレジャベハという私が好きなスーパーモデルがいるんですが、彼女たちも好きということで好きなモデルの話で盛り上がりました。

 

11組目

旅行中のロック好きカップル(From カナダ)。好きなバンドを聞いたら私と好みがかぶっていたので、是非聞いてみてとCDをすすめました。 NYにもライブハウス巡りに来たとのこと。

 

12組目

旅行中のカップル どんな音楽が好きかと聞いたらR&Bと。これちょっとR&Bだよと言ってCDをあげました。 彼氏にエミネムに似てるねと言ったら超喜んで、サングラスしてフードかぶって写真撮らせてくれました。

 

13番目

付き合いたてのカップル。すごくシャイでぎこちない笑顔が可愛かったです。

 

14組目

ブルックリンの男の子2人組 勝手なイメージでジャスティンビーバー好き?と聞いたらジャスティンティンバレークの方が好きと言われました。

 

15組目

音楽よりバスケが好きな男の子2人組。バスケの合宿でNYへ来たとのこと。
彼女いるかと聞いたら照れてもじもじしてました。

 

この他にもたくさん

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの方がもらってくれました。ありがとうございます。

次はどこへ行こうかしら。

 

 

スポンサーリンク