京都1泊2日花見しおり旅

/ 4月 23, 2018/ 国内, 旅のデザイン, 河北さん

河北さん
こんにちは!Doing ARTライター兼花粉症の河北です

花見なんて柄じゃないのに京都に花見に行ってきました。

京都に花見なんて大人になったもんです。小学生からの友達と小学生のように旅のしおりにそって行動することになったのでそうしました。

1日目

とりあえず名古屋で待ち合わせました。10時の新幹線で京都に。片道名古屋からだと5070円です。
早いのだと30分くらいで着いたのでびっくりしました。

京都駅に着くと海外からの観光客ばかりです。

まずは嵐山に向かうために京都駅からのアクセスが抜群という噂のJRの山陰本線で嵯峨嵐山駅へ。

この電車がなっかなか出発しないので外国人観光客に話しかけれらたらどうやって対応するかという話をしていました。

私はここは日本なんだからもちろん日本語で対応すると力説していたら急に外国人にExcuse meと話しかけられ脳がパニックになりいつのまにか半笑いで「oh yeah?」と答えてました。河北そういうとこがあります。

何度か道聞かれました。やはり、道、聞かれる事多いです。

どんどん人が乗ってくるのでぎゅうぎゅうの状態で京都駅から出発。
ここまでの流れ、今んとこしおりどうりです。これからしおりどおり行ったとこ羅列していきます。しおりの参考にして下さい。

嵐山

降りたら雨が降ってたので傘を購入しました。歩いてまずは一番遠い渡月橋のほうに。

 

ちょうどさくら咲き始めで満開という感じではなかったです。

 

でもとてもキレイでした。

 

天龍寺

駅の方へ戻りつつ天龍寺の中へ

 

等観院

 

 

お団子食ベテ竹林の方へ

 

めちゃくちゃ人がいます。かっこいい絵を撮るなら朝早くいくしかないです。

ぐるっと一通り回って茂庵というカフェに行くために再度京都駅へ。
バスの1日乗車券を500円で買って銀閣方面に。

そのあと銀閣のほうにいこうとおもいましたが土砂降り及び時間がなかったのでぎゅうぎゅうのバスで祇園にいき、八坂神社の近くのカレーうどんを食べました。

 

味味香

カレーうどん。カレーうどんはハズレないですね。

その後清水寺いや、夜水寺へ。

 

清水寺

これで清水寺に行ったのは何回目になるでしょうか、、。修学旅行から数えたら結構な回数行ってると思いますが今までは昼に行っていたので今回夜に初めていってみてとても綺麗で感動しました。

次は紅葉の時期に行きたいですね。

勝手にフラッシュが作動した写真です↓もっとうまく撮れるようになりたい。今回は友達に一眼を借りて行ったので操作があまりよくわからなかったです。

ブラブラしてから桃山御陵前駅にあるアーバンイン伏見というビジネスホテルにチェックインしました。駅からホテルまでがモールのようになっていたので飲みにいって就寝。

 

2日目

起きて10時半くらいに出発。JR奈良線稲荷駅へ。

 

稲荷伏見大社

 

ここも大人気、相変わらずの人の多さです。外国人観光客が多いですね。インスタでここの写真をあげるとすごくいいねがきます。

#伏見稲荷大社

A post shared by world_watching (@kwkt_do) on

その後も定番の場所へ。

 

金閣寺

 

感想はこんなに金だったかなという感じです。ちょっと作られた感というか新品感がありました。

 

にしてもすごい観光客です。

今回メインの桜を見るために、金閣から歩いて平野神社へ。途中腹ごしらえしました。

 

京めん処 さくら庵

 

あんかけそば注入。品のあるお味。

平野神社

 

平野神社で琴を聴きながら、桜鑑賞。THE大人です。

からの大好きなジャガバターを食べる子供な僕はその後わらび餅を食べに祇園へ。

 

祇園 花見小路

 

たまに舞子さんが出現するがさささっとどっかいってしまいますね。着物を着て歩いてる女性もいていい光景でした。

 

ぎおん 徳屋

行列でした。1200円くらいしたわらび餅です。高い。きな粉と黒蜜かけてお召し上がりください。

 

花見小路から八坂の塔、法観寺、二年坂のほうへ。

これぞ京都といういい雰囲気です。やはり夜がいい。今回の発見は京都の夜歩きは楽しいということです。

 

 

夜桜です。途中にあった高台寺という寺にすごい人が並んでたんですがなんだったのかすごく気になりました。

 

適当にくだってくると帰りはここにでるのかという八坂神社の門をでて

おみやげをみて駅に向かいました。ほぼ旅のしおりどうりで無理もなくなかなかいいプランでした。

バスがぎゅうぎゅうすぎて嫌だったのは時期のせいでしょうか?東京なんかよりよっぽどぎゅうぎゅう。身動き一切とれませんでした。

そのような感じで失礼します。

では、また。

スポンサーリンク