新橋越後屋で大山鶏の刺身ステーキが食べれました

/ 5月 11, 2018/ 暮らしのデザイン, 河北さん

河北さん
こんにちは!Doing ARTライター兼花粉症の河北です

ネットで調べたら新橋の越後屋というところで大山(だいせん)鶏の刺身が食べれるとのことだったので晩御飯に行ってみました。

店のなかは完全に飲み屋風ですが、渋い日本食屋でかかっているような琴をおりまぜた楽曲が流れておりました。入り口に立てかけてあるメニュー表に定食の事は書いてません。が、中に入り聞いてみると定食は3つだけあると言われました。基本的にはランチメニューで夜は飲み屋になる新橋スタイルですが夜でも定食が食べれるようです。

あとの2つは魚の定食だったのでもちろん大山鶏のステーキを注文すると店員さんに生ですが大丈夫ですかという確認をされました。OKと伝えると店員さんが目の前で焼き出します。焼き鳥屋でよくある光景です。といっても表面だけ焼く感じです。

定食にはハサミがついており自分でクリエイトします。いや、ただ切るだけです。味噌汁も細かい海苔が入っていておいしい。やっぱり味噌汁は重要ですね。淡口としか書いてなかったのでなにかわかりませんでしたが薄い醤油と通常の醤油2種類置いてあり、わさびか柚子胡椒につけて食べれます。河北、淡口醤油がわかりませんでした。

 

肉は非常ににやらかくて美味です。

夜なのでチャージかなにかで値段が高くなってるのかなと思ってましたが890円ぽっきりです。
非常によかったです。

でも本当に生肉を食べてる感じだったので途中でなんで店員さん頼む前に大丈夫か確認してきたんだろう?何かに当たっても責任持ちませんよって事なのかな?と若干不安になりました。豚や鶏は火を通すのが基本ですからね。生肉が苦手な人は厳しいかもしれません。

ちなみに体調は今のところ全然大丈夫です。次回は魚の定食食べてみたいです。
なんか飲み屋というよりこういういい感じの定食屋もたくさん散策していけたらいいですね。

では、また。

食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13023914/

場所:越後屋

スポンサーリンク