花桃の里で満開の花→ヘブンスそのはらで満点の星→月川で温泉コース

河北さん
こんにちは!Doing ARTライター兼花粉症の河北です

花といえば花桃の里ですよね。

ということで、今回は、満開の花を観て、満天の星を観て、温泉というデートなどにはもってこいのゴールデンコースをレポートしていきたいと思います。

 

花桃の里

まず紹介するのは花桃の里です。
場所は長野県の田舎なので車がないと結構不便かもしれません。

後で紹介するヘブンスそのはらから車で5分ほど。近ずいてきた時点で花咲か爺さんが泊まっていたのを確信するほどの花が咲き誇ってます。

ここら辺は、花桃ロードとか。花桃の里とか花桃推しの看板が結構ありました。

花の名前がはなももで桜に似ていますが、桜は花びらが5枚しかついてないのに対しはなももは数が多いので多少散っても大丈夫的な感じです。

花びらの色もピンクと赤と白が1つの木に混じっていていたり全部同じ色だったりでバリエーションがあります。

 

はなもも

 

想像以上に花が咲き乱れていて予想をいい意味で裏切られたのでチェックイン前に月川温泉の周りを散歩しました。

近くに川も流れてるし、なかなかいい感じじゃないですか?

 

菜の花と紅葉

 

 

5月は鯉のぼりもあがっています。

散歩してから、近くにある温泉宿「月川」へチェックインしました。

 

月川(げっせん)

 

 

ここで漫画が読めます。

 

 

部屋

201の部屋は3部屋ついておりベランダも大きくそこから花も見えるのでとてもよかったです。
予約するなら201がおすすめです。他の部屋は泊まったことないですが、、。

ベランダは花桃見放題です。

 

ヘブンスそのはら

花を満喫し、夜になったらヘブンスそのはらに星を観にいきましょう。
先ほどの花桃の里からは車で約5分。

ヘブンスそのはらは星空が日本一綺麗に観れると言われておりますが、実は夜には雨が降るとのことで予定の関係で行けず、お昼過ぎに行くという強行突破をしましたw

次回のため、下見みたいな感じにはなりましたが、行こうかなと思ってる方は明るいとこんな感じだよってことでお許しください。どちらにせよ星空をカメラでとっても私の実力では伝わるものは取れないと気がしますのでご自身の目でお確かめください。

 

ということで、入り口にはこのような天空の楽園への看板があります。

天空の楽園と書いてるくらいですからよっぽどすごいんでしょう。

ちなみにトイレはエイリアンになってます。宇宙人もたまに使用するのでしょうか。

 

ロープウェイ 料金

ロープウェイで山頂まで上がれます。結構高いです。

ロープウェイで上がってそこからさらにリフト2つで山頂に上がっていけるシステムになってるのでロープウェイだけだと2200円でさらにリフトで上に行くには合計3100円というスカイツリーシステムです。

ロープウェイだけだと上に特に何もないといわれたので3100円のものを購入しました。
1人でも客がいたら全て動かさなきゃいけないのでこの値段設定になってると推測されます。

久しぶりのロープウェイです。

 

 

深緑は1年中色が変わりませんが黄緑の葉は色が変わっていくそうなので比率的に秋に来ても紅葉とかできれいそうです。

 

さらに上へ行くためのリフトです。これも久しぶりです。しかも足にボードもなにもなにもはめてないと変な感じです。

 

ポニーがいました。

 

リフトの時間

 

さらに上へ。標高1600mのヘブン付近まで行きます。

 

頂上

一番上からの眺めです。

ここから見える色んな山と標高が書いてあり、3000m級の山がいくつもありましたがとても高さが倍あるようには見えませんでした。同じくらいの高さです。

山に詳しければ、あれがなに山だのこれがなに山だの写真と照らし合わせて盛り上がることが可能ですが、あまり違いがわからなかったです。残念。

 

 

白樺好きです。かっこいい。

 

天気が絵に描いたような曇りだったので断念しましたがこの山頂からさらにバスが出ていて360度のパノラマで景色が見える本当のヘブンへ行けるそうです。

感想としては、星見るならここまでこなくても最初のロープウェイ登ったとこでもきれいに見えそうな感じでした。

 

場所:ヘブンスそのはら

 

再びの月川

はい、ということで宿に帰って、露天風呂入ってからの夕食です。

夕食

凝ったものでテーブルが埋め尽くされてます。旅館の料理〜って感じですね。

 

馬刺しとサーモン

 

鯉の煮魚

 

 

あまご?

 

天ぷら

 

夕食食べてからは漫画が置いてあったので浴衣でマッサージチェアに座って漫画読んでから寝ました。ただの極楽です。

 

朝食

朝も露天風呂に入ってからの朝食に魚のひらきです。これまた旅館って感じです。

 

朝は霧がかかっていい感じでした。ベランダからです。

通常だと平日一泊夕飯朝食付きで10000円くらいですが、花の見える時期になると15000円くらいになるみたいです。

ただ行くなら花咲か爺さんがいらっしゃる4月中旬~5月中旬くらいがいいかと思います。花が好きじゃない乙女の心を持ってなくても行ったら乙女心に花が咲くかと思います。

また行きたいなーと思って調べたら高速バスだと園原、Jrでも園原というところで降りればOKです

ということで、満開のお花→満点のお星様、暖かい温泉のコンボ是非行ってみてください。

月川温泉 野熊の庄

場所:月川

 

人気記事
スポンサーリンク