ワイヤレスMIDIキーボード「KORG microKEY Air37」レビュー

河北さん
こんにちは!Doing ARTライター兼FPの河北です

新しいワイヤレスキーボードを買いました。
最近ワイヤレス好きです。小さな事ですが結構ストレスなくなる案件。

買った理由は以下です。

・今使っている32鍵だとちょっと足りないと感じる。
・打鍵の感じに慣れない。もっとひいてる感じが欲しい。

新たに買う条件としては

・ワイヤレス
・レイテンシー(音の遅延)なし
・小さくて机に置いてもそんなに邪魔にならない

ということで選んだのがKORG microKEY Air37になります。ワイヤレスだとあまり選択肢ないですけどね。

 

ワイヤレスMIDIキーボード「KORG microKEY Air37」

先に言っておくと49鍵→32鍵→37鍵という流れで使ってきましたが一番ベストかなと感じております。なんかちょうどいいですね。全てが。

はい、ということで面白いくらい大きい箱で届いたので開封のところから書きます。笑
これからDTM始める人の参考になれば幸いです。

実はこれ届くまでにものすごい時間がかかったんですよ。
なぜかは不明です。
全然届かないので一度キャンセルして楽天で他の店に注文したんですけどそこからも全然送られてこないという。在庫がないんですかね。

そして届いたらこれですよ。どーん。1m×1m!

 

今までで1番サイズが合ってない箱で到着しました。完全に嫌がらせかと思いました。そいで防御しすぎ。

 

が、取り出したら銀色でシュッとした奴がでてきました。

 

本体を出してみると思ったよりずっしりしていて、今使っているKeystationに比べると結構分厚い感じです。

僕は鍵盤素人なのであまりキーボードに関してはわかりませんが、弾いてみて気持ちいいのかどうかくらいはわかります。

Keystationは気持ちよくない。笑
小さくて軽い鍵盤は打鍵に関してあまり気持ちよくないものも多いです。

ただ、microKEY Airに関してはその部分が非常にしっかりしていて弾いていて気持ちいいのでそこら辺がこの厚みと重さにでてるのかなと思いました。

楽器屋で弾き比べをすると一目瞭然なので是非買う前にお試しください。

ワイヤレスで使うには単三電池が必要ですが、
USB接続にも対応しているため、ドライバーのインストール不要ですぐに使用可能です。

ブルートゥ-スで接続する場合はドライバーのインストールが必要です。

ただ分厚いと言ってもiMacのした入れれるので使わないときも邪魔にならず、ケーブルもないのでストレスフリーです。

白いボタンは押すと1オクターブずつ変わって色が変わります。
丸いタイヤみたいなのはギュインギュインできるやつです。笑

 

従来のUSBとサスティーンペダル差込口

そんな感じです。

 

まとめ

1か月程使っていますが、

・レイテンシーは特に問題なし
・鍵盤を押した感じしっかりある
・サイズが絶妙
・ワイヤレス便利
・シンプルで使いやすい

といった感じでいい感じに使えてます。
DTMやってるとMIDIキーボードって結構触ってる時間が長いのでここに投資するのは結構いいお金の使い方だなと思いました。やっぱり気持ちいいのは大事です。

iphoneとかiPadにつないで使用することもできるので今後はそういったの試してみたいなと思います。

スポンサーリンク