【世界の音楽】バルト3国、ラトビアに潜むおすすめミュージック3選

/ 5月 9, 2018/ 河北さん, 音楽家への道のり

河北さん
こんにちは!Doing ARTライター兼花粉症の河北です

世界の音楽を吸収していい音楽を作ろうプロジェクト。今回はラトビアです。

1991年にソ連から独立したラトビアはバルト三国の1つです。バルト三国とはリトアニア、エストニア、ラトビアになります。最近、ここら辺の国に興味があるのは、あまり行ったって人を聞いたことがないからです。が、音楽を聴いたらさらに興味が湧き行ってみたくなりました。私にとっては結構謎の国ですが写真を見た限り街も綺麗で魅力的です。そのうち侵入してみたいと思います。

ということで、おすすめのラトビアンミュージック調べました。

 

Instrumenti

Instrumentiは二人組ユニット。メンバーはBaltics出身のSHIPSEA(歌とキーボード)とREYNSI(歌、ドラムとキーボード)の2人です。

検索すると結構パンダのお面をかぶったものがでてきますが、普通に顔もだしてます。なぜかパンダ押しのところがあります。

活動は基本的にラトビアですがヨーロッパでのツアーやSXSWへの出演でアメリカでもやってたりするそうです。
↓この曲は本国ラトビアでヒットしたLife Jacket Under Your Seatという曲です。いい曲です。

 

 

Brainstorm

こちらのバンドは1989年に結成されたラトビア出身のロックバンドで2000年に行われたユーロビジョン・ソング・コンテストで3位に入賞し(ユーロビジョンは年に1回おこなわれるヨーロッパの国の歌謡祭)元New MusikのTony Mansfield(トニー・マンスフィールド)がプロデュースしたこのMy starという曲がきっかけでヨーロッパでも注目をあびるようになったそうです。

ブレインストーム(Brainstorm)は、ドイツの五人組ヘヴィメタル・バンドのBrainstormもいるのでお間違いなく。

 

 

Carnival Youth

Carnival Youthは2012年ラトビアの首都Rigaで結成。

メンバーはEdgars Kaupers、Roberts Vanags、Aleksis Luriņš、Emīls Kaupersの四人組というくらいしか情報がないです。笑
でも曲もかっこいいし、HPもかっこいいです。
http://carnivalyouth.lv/#site

 

いかかでしょうか。

日本にもかっこいい曲たくさんありますが、色んな国にその国独自のかっこいい曲があったりして
結構探すの面白いなと感じてる今日この頃でございます。是非何かあれば教えてください。

 

では、また。

スポンサーリンク