【おすすめ】夏季限定!池袋にある壬生(みぶ)の梅おろしそばが最高に美味しい

/ 7月 17, 2018/ おいしいお店, 河北さん

河北さん
こんにちは!Doing ARTライター兼花粉症の河北です

よく行く蕎麦屋に壬生という蕎麦屋があります。こちらの記事でも書きましたが港屋という有名なお店のインスパイア店です。

そこで偶然でていた夏季限定蕎麦というのがありましてそれがとても美味しいのでおすすめしたいと思います。

 夏季限定梅おろしそば

池袋 壬生 限定蕎麦

ご覧ください、このバランスのいい色合。セクシーなたたずまい。

夏に合う梅干し風味のこの蕎麦は週8で食べたいと思わせてくれるさっぱりとしただし汁と大根おろしのハーモニーが本当にたまらなく美味しい一品となっております。

もともと酸っぱいものが好きというのもありますが、定番の鳥蕎麦や肉蕎麦とはまったく違ったおいしさを秘めています。私のような酸っぱいもの好きな人は気に入ることまちがいないでしょう。

ちなみにこの店の特徴はラー油を蕎麦にいれることにあり、基本的に蕎麦にはラー油が入っており

『なぜ蕎麦にラー油をいれるのか。』

と、ものすごく大きく店の看板で疑問を問いかけています。

以前にその答えを探るべく一度めんつゆにラー油をいれて作ってみたことがありましたがまったく同じ味にはなりませんでした(あたりまえ)。蕎麦というとちょっとお上品な感じがある店もありますが、ここの蕎麦は値段も¥700〜¥900くらいで特にお上品感はなくラフな感じです。その雰囲気もいいです。

 

てんかす卵入れ放題だけど入れすぎはだめ

IMG_0324

天かすと卵が机に置いてあるので入れ放題になります。普段の肉蕎麦なんかは天かすと卵を入れて食べますが、この夏季限定蕎麦には卵も入れず、てんかすを少しだけにしています。なぜなら卵はさっぱり感を奪い、天かすは入れすぎるとスープを全部吸収してしまうからです。

無造作に置いてあるのでついつい何も考えずにガバッと入れてしまいがちですが、以前入れすぎてスープがなくなってしまったことがありました。(どんだけいれたんだ)その時はお願いしたら追加してもらえましたがあまり入れすぎない方がいいです。その後のそば湯のことも考えて入れましょう。

 

〆にそば湯

池袋 壬生 限定蕎麦

夏季限定蕎麦はこのそば湯との相性も抜群なので食べ終わったら最後はこのちょっととろみのある、そば湯をスープに入れて飲んでみてください。梅風味となにかの味が混じってすんごい美味しいですから。

 

夏季限定蕎麦期限情報

ちなみに夏季限定蕎麦はいつまでやってるか聞いたところ「う〜ん、夏。」とアバウトな答えが返ってきたので自分の中の夏が終わる前に是非行ってみてください。

ちなみに去年は9/27の昼をもって終了してしまったそうです、、、10月前くらいまではやってるのかもしれません。もし終わっていても、肉蕎麦や他のソバも美味しいのでご心配なく。

暑いですが、美味しいもの食べて頑張りましょう。

では、また。

場所:壬生 池袋

スポンサーリンク