デザイナー派遣って実際どうなの?現役デザイナーが経験を語ります

/ 12月 16, 2017/ Mr.Hamaji, デザイナーへの道のり, 働き方のデザイン/ 0 comments

Mr.Hamaji
こんにちは!Doing ARTデザイナーのMr.Hamajiです

グラフィックデザイナーになって10年。この期間中、3年くらい派遣のデザイナーをしていました。

1社目で2年、2社目は、入社してから9ヶ月間ほぼ会社で生活というブラックぶり。
しかも2社目は9ヶ月で解散になるというなんとも言えない虚しい終わりという。

ほぼ会社で暮らしてたので、2社目辞めた後はすごい虚無感に襲われました。
こんだけ頑張って9ヶ月って、、履歴書汚れた感もるし、この先も聞かれるんだろな、なんで9ヶ月で辞めたんですか?という次への憂鬱。

1、2社目ともに正社員でしたが、

・エブリデー終電 or 徹夜がある。
・休日出勤当たり前。
・残業手当、休日手当なし。
・ポートフォリオに作品を堂々と乗せられない。

デザイナーだったら当たり前だろ?って思ったあなた、それおかしいで。
今も業界にはびこるこのルール。私はどうしても納得いかないのです。もちろんクライアントがあって締め切りがあることなので多少はしょうがないとしても平日も休日もプライベート全て捧げて仕事して、それなのにポートフォリオに作品を載せることすら気をつかわなきゃいけないって、、奴隷かよ。

で、働き方変えなきゃ、と思ったのです。

2社目を辞めて、正社員に嫌気がさして始めたのが派遣でした。

私みたいに働いたぶんお金が欲しい、土日休みたい、独立したいけどまだクライアントがいない、という方におすすめしたいのがデザイナー派遣。ここからは私の経験談なのでご参考に。

●株式会社モトヤ

http://www.motoya.co.jp/business/staffing.html

一発目、私が登録していたのはこちら。DTPオペレーターの人材派遣がメイン。

登録会に行って担当のおじさんと面談しました。
DTPの知識チェックレベルのテストはあったけど、その時のキャリアによって柔軟に対応してくれる感じでした。

当時私が派遣を始めるにあたっての条件

・時給制(残業してもお金が発生するから)
・土日はお休み(自主制作に充てたい)
・2ヶ月未満の契約(様々な会社で色んな分野のデザイン経験がしたかったので短期がよかった)

この3つが条件であったところを紹介してもらい、ポートフォリオ審査→面談→採用。だいたいこんな流れ。
タイムカードがあるデザイン会社は結構少ないので、残業とか無視されると思いますが、派遣会社にはしっかりタイムシートというものがあるので安心。

 

派遣先の企業も、時間で雇っているわけだからなるべくこちらにはお金をかけたくない。
すなわち残業代を払いたくないので、派遣社員は定時で帰ることができる。そして残業したとしてもそのぶんのお金はしっかりもらえる。
もちろん正社員のように社会保険などの保証、ボーナス等はもらえないが、それをとっても残業や休日出勤がなかったおかげで、それまでできなかった自主制作の時間もしっかり確保できて平均すると大体それまでと同じくらいの収入でした。

 

紹介してもらった企業の特徴としては、大手ではなく小さい制作会社や、一般企業内のデザイン部(少人数)など。特に難しい作業はなく、ほとんどが指示通りに作るオペレーターメインでした。

私としては、一般企業に派遣されたのは初めてのことだったので、違う職種の方々とお話しできたのがとても楽しかったです。
たった2ヶ月の派遣だったのに今だに派遣先のおっさん達と飲みに行ったりするし今思っても良い経験でした。

次にもう少しデザイナー寄りの派遣がしたいと思い、お世話になったのがこちらの2社。

●MASSMEDIAN

https://www.massmedian.co.jp/

●優クリエイト

http://www.y-create.co.jp/

デザイン系の人材派遣としてはこの2社が最強なんじゃないでしょうか。
最初はMASSMEDIANに登録に行ったのだが、担当の方がすごく感じ悪かったので、私は優クリエイトにしました。笑
担当者は選べないので、相性と運かも。

 

流れとしてはモトヤと同じ。ポートフォリオと職務経歴書でどのくらいの実力があるかを判断してもらい、こちらの条件に一致する企業を紹介してくれます。
両社ともD通とか、H報堂、D、H系列社などの大手の派遣を紹介してくれました。

 

大手の実情を知りたいのであればぜひこちらがオススメ。
テレビや電車の中吊りなど、デザイン界の夢のような仕事の裏側は、数多くのデザイナー達の徹夜の結晶だということを身をもって知ることができるでしょう。

衝撃だったのは、朝出社したら超美人のADの女性が床で爆睡していたこと。(枕無し、布団なしの直床。)動かなかったのでガチで死んでるんじゃと必死で声をかけたら
「あかん、いつの間にか落ちてたわ、、。」徹夜4日目だったらしい。美人なのにクマがすごいことになって別人のようだった。寝て、ほんと寝て。
派遣だったから耐えられたけど、正社員なら100パーすぐやめるわってとこが本当多かった気がします。

 

自分の派遣歴をまとめると大体3年で10社以上。そこから正社員になったりもしました。
派遣社員のメリットは時間がしっかり決められることと、いろんな会社が見れること。

正社員から始めて、うわやっぱなんかこの会社違うわってなってもなかなか簡単にはやめられないけれど、派遣だったら合わなかったら契約終わらせることもできるし、この会社で正社になりたいと思ったらそのまま採用なんてこともあります。
なのでプライベートの時間もしっかり確保できるので、じっくり会社選びをしたい人にはオススメ。

 

あと3社まとめて言えることは、デザイナー派遣は時給が高いのでそれなりに稼げる。時給で大体1500円~2300円くらいが相場。
工場系の派遣をしていた時は、時給900円~良くても1100円とかだったのでちょっとびっくりしました。スーパーの試食販売を1日8時間頑張っても大体8000円くらいしかもらえない。おばちゃん達めっちゃ頑張ってるのに。

今見ると上記3社以外にも、リクナビ派遣やエン派遣など、今は結構いろんなサイトで募集があるようです。

●リクナビ派遣

https://haken.rikunabi.com/

●エン派遣

https://haken.en-japan.com/

トップに貼った写真は派遣デザイナーだった頃のノートで、わかんないことをメモしてたまとめたものが3冊ありました。
派遣される場所が違うといろんな分野のデザインができます。毎回新人みたいな感覚でした。

単発も結構あるので、まだ安定していないフリーランスのデザイナーにもいいかもです。
空いてる時間をうまく使ってしっかりお金稼ぎ&スキルアップを目指しちゃいましょう。

では。

スポンサーリンク

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください