タイ料理を食べるならとりあえずクルンサイアム行けば間違いない

/ 2月 23, 2019/ Mr.Hamaji, おいしいお店, 暮らしのデザイン

Mr.Hamaji
こんにちは!Doing ARTデザイナーのMr.Hamajiです

そういえばHamajiの食べログ的な記事少ないなーと思ったので久々に書こうと思います。

フリーランスになってからは、節約のためにほとんど外食しなくなりました。友達とランチ行く or 飲みに行く時くらいですね。

あとコンビニにも全然行かなくなりました。自炊&コンビニ行かないってだけでだいぶ支出が減るし、料理のレパートリーも増えるのでおすすめです。料理という字をみて、Doingの料理カテゴリをのぞいてみたんですが、、

ねこまんまと、レッドアイ、、出てきた記事が情けなさすぎたので今年はまともな料理記事をアップするべくおしゃれなキッチン用品とか食器を揃えようと思います。笑

今回は好きすぎて数えきれないないほど通ってるタイ料理屋、クルン・サイアムをご紹介したいと思います。

六本木クルン・サイアム

クルン・サイアムは株式会社SUU SUU CHAIYOOが運営するタイ料理屋さんです。六本木・中目黒・自由が丘・吉祥寺・大井町などに店舗があります。

実はHamaji、かつてはタイ料理めちゃくちゃ苦手でした。なぜならパクチーが大嫌いだったから、、!パクチー好きとか信じられないと思ってましたが、今は大好物なので人生って面白いなと思います。

Hamajiがタイ料理好きになったのは、前の会社に入社してから。職場は六本木で、入社した日に同僚に誘われて行ったのが六本木のクルンサイアムです。

六本木のクルンサイアム外観

めちゃくちゃおいしいタイ料理があると言われたものの、正直苦手だったのでタイ料理かーと思ってたのですが、、そのとき頼んだパッタイとランチについてくる春巻き&激辛スープが美味しすぎて。すぐに2回目、3回目、、いつの間にか数えきれないほど行ってましたよ。

いくらお金落としたかわかりません。そして他のメニューも注文するうちにパクチーも大好物になってました。笑 久々に行きたくなって夜のクルン・サイアムへ。

一杯目のビールはやはりシンハービールですね。

クルンサイアムのシンハービール

 

ビールのお供にパックブン・ファイデン(空芯菜のニンニク炒め)と、ポピア・ソット(具沢山の生春巻き)を注文。空芯菜はにんにくが効いていてビールにぴったり。生春巻きはシャキシャキで、安定の美味しさ。毎回注文してます。

クルンサイアムの空芯菜のニンニク炒め

クルンサイアムの生春巻き

 

二杯目のビールはチャーンビール。タイのビールはパッケージがかわいいですね。

クルンサイアムのチャーンビール

 

そして好物のパッ・タイ(エビ入り焼きビーフン)。これはほんと間違いなく美味しいのでおすすめです。一番好き。ほんのり甘酸っぱい味付けで、辛いのが苦手な人でも大丈夫。サイドについてくるシャキシャキのもやしと粉砕されたピーナッツとの相性もバッチリ。

クルンサイアムのパッタイ

 

こちらはトムヤンクン風味エビ入りパッタイ。こちらは先ほどのパッタイよりちょっと辛めの味付けでございます。

クルンサイアムのトムヤンクンパッタイ

ビールすすむーーーー◎夜のクルン・サイアムも最高でした。

 

池袋タイストリートフード by クルン・サイアム

こちらは別日、たまに無性にタイ料理が食べたくなるのですが、他に行ってみてもやはりクルンサイアムが一番という結果になってきたので近くにクルンサイアムがあればなーとネット検索したところ、池袋の地下1階、東武イケチカDiningにタイストリートフード by クルンサイアムというお店ができたのこと!

クルンサイアム系列のお店では一番近かったのでこれは行くしかないと早速先日行ってまいりました。外観も新しく、六本木とはかなり雰囲気が違いました。

タイストリートフード外観

 

メニュー。カバーだけ撮影して中身撮るの忘れました。笑

タイストリートフードのメニュー

 

名前は違えど、by クルンサイアムなので、メニューはほとんど同じでした。
この日注文したのは、ポピア・ソット(具沢山の生春巻き)、パッ・タイ(エビ入り焼きビーフン)、カノムパン・ナームー(エビと豚肉のすり身トースト)、ガイ・ガティアム(鶏肉の黒コショウニンニク炒め)の4品とパクチー。

タイストリートフードのメインディッシュ

生春巻きは六本木の方が大きめですね。笑 パッタイの味は同じ。安定の美味しさです。初めて頼んだすり身トーストはジューシーでサクッとしてて新しい世界でした。

鶏肉の黒コショウニンニク炒めはサクッとしてて味付けもニンニクが効いていて最高。この日は飲みませんでしたがお酒ととても合うと思います。友達とシェアして食べましたが、かなり満腹になりました。

締めはココナッツアイス。別腹ですね、最高です。

タイストリートフードのココナッツアイス

 

こちらに載せられなかったのですが、好きなメニューも貼っておきます。笑

クルンサイアムのほかメニュー

左上、カオ・マン・ガイ(ゆで鶏のせご飯)。こちらは一緒についてくる火を吹きそうになる激辛タレが病みつきになります。Hamajiはこの辛さにハマって毎回タレをおかわりしてました。笑

右上、クウィッティオトムヤム(ハーブたっぷりトムヤム麺)こちらはトムヤム好きにはたまらない辛いトムヤムスープ。THE タイ料理なので1度はおためしください。

左下、カオ・パット・クン(海老チャーハン)こちらは辛いものが苦手な人にオススメのえびチャーハン。優しめの味付けで食べやすいと思います。

右下、ガイ・パット・バイ・ガパオ・ラート・カオ(鶏ひき肉のホーリーバジル炒め)名前長いですね。笑 こちらも人気のメニューで、半熟卵を混ぜて食べるとまろやかになって最高です。

いかがでしたでしょうか?ランチ、ディナー共にタイ料理を食べるなら間違いないのがクルン・サイアムです。他にも自由が丘、中目黒、吉祥寺などなど。いろんなところに店舗があるので、ぜひ行ってみてくださいね。

スポンサーリンク