ニューヨーク 週末はブルックリン巨大マーケットBrooklyn Flea&Smorgasburgへ行こう

Mr.Hamaji
こんにちは!Doing ARTデザイナーのMr.Hamajiです

さくさくとNYの記事を書き進めております。

HamajiはNYは二回目ですが、印象としてはTHE CITYって感じですね。大きくなった東京!という感じ。人種も多様です。

ブルックリンの景色

ヨーロッパとかだとまだアジア人っぽい人少ないなーという感じですが、NYは数分おきにすれ違う感じです。ビルや建物の規模も大きすぎて、ずっと上ばかり見上げてた気がします。

それだけ広いNYなので、週末にはいたるところでフリーマーケットが開催されています。

今回は毎週末に開催されている大人気の巨大マーケット、Brooklyn Flea&Smorgasburgをレポートしたいと思います。

 

ニューヨーク 週末はブルックリン巨大マーケット Brooklyn Flea&Smorgasburg へ行こう

老若男女問わず大人気の巨大マーケット、Brooklyn Flea&Smorgasburg。

ニューヨーク市内にある100店舗以上のフードショップが集まるという食べ物中心のマーケットSmorgasburg(スモーガスバーグ)と、ビンテージの服や雑貨、地元アーティストが手がける作品等が販売されているBrooklyn Flea(ブルックリンフリー)というマーケット。ようは、フード系と服・雑貨系で場所が別れています。

夏季は4月~11月まで屋外、冬季は12月~3月で屋内で開催されているようです。

ニューヨークの気候は日本とそんなに異なるわけではありませんが、冬はめちゃくちゃ寒いです。Hamajiが行ったのは9月の終わりでしたが、今年は真夏並みに暑かったですね。

毎週末の土日開催ですが、土曜はウィリアムズバーグのイーストリバーステイトパーク、日曜はプロスペクトパークのブリーズヒルで開催されているようです。

イーストリバーパークは以前NYに来た際も行ったのですが、近くにイーストリバー(川)があり、その先にマンハッタンのビルが一望できるニューヨークの中でも最高のロケーション。そこでご飯が食べられたら最高だなと思ったので土曜日に行くことにしました。

最寄駅はLトレインのベッドフォード・アベニュー(Bedford Avenue)駅。

開催時間は11時からなのですが、到着すると明らかに駅が混み合ってます。道に迷いやすい人は人混みの流れに身を任せれば間違いなく会場にたどり着くと思います。会場までは徒歩で5分程度です。

レッドフォード駅の人混み

 

フードショップが並ぶSmorgasburg(スモーガスバーグ)

入り口付近からすでに美味しそうな匂いと陽気な音楽がズンチャズンチャいってます。入場料は無料。

フードの種類も100店舗以上ということなので様々。

アメリカといえばの大きなハンバーガー。

スモーガスバーグのハンバーガー

 

うわっと思うけど、命をありがとうなチキンさんやそのまま焼かれた豚さん。

スモーガスバーグのチキンの丸焼き

スモーガスバーグの豚の丸焼き

 

NYで人気のスイーツ系も豊富です。

スモーガスバーグのカップケーキ

さてさて、土日の日中にフードマーケットでやりたいことなんてたった一つですよね。ビールね!ビール!もちろんございますとも。

アルコールを購入できる場所は多分一箇所なのかな?会場の端のほうにアルコール専用の販売ブースがございます。

スモーガスバーグのアルコール販売ブース

ビール : 8$
ワイン : 10$
カクテル : 12$

日本よりちょっと高いですかね。NYではだいたいどこもこれくらいの値段でした。

スモーガスバーグのビール

 

このようにパラソルがあるところには座れる席も用意されてます。

スモーガスバーグの飲みブース

 

パラソルの方はガヤガヤと混み合っていたので、ちょっと離れたところまで歩いて遊歩道みたいなとこの木陰に座って食べることにしました。ゆったりしていていい感じ。

スモーガスバーグの遊歩道

 

Hamaji達が購入したのは、ビールとビールに合いそうなポテトとラムチョップ。

スモーガスバーグのポテトとラムチョップ

 

ポテトもラムチョップも10$。二つともこってりなマヨソース的なのが付いててカロリーがやばそう。笑 でもめちゃくちゃ美味しかったです。

スモーガスバーグのポテト

 

食後のデザートは、スモーガスバーグの中でもインスタ映えアイスとして有名なWowfulls(ワウフルズ)のワッフルアイスを。ここまで来たからにはやはり映えたいのでね。トッピングも豊富でカラフル。自分で好きなものをカスタムする感じです。

スモーガスバーグのワウフルズ

 

じゃーん。レインボーバニラアイスと、チョコレート、ワッフルのトッピング。重みすごいです。2人で1個でも結構お腹いっぱいなりました。これで約10$。会場から見えるイーストリバーとマンハッタンのビル群と写真撮っちゃってください。

スモーガスバーグのワウフルズとイーストリバーパーク

 

さて、食後はフードゾーンの隣で開催されていたレコードフェアへ。

スモーガスバーグのレコードフェア

 

古いレコードから新しいものまで、掘り出し物も多いそう。みなさん脇目も振らずディグってます。

スモーガスバーグのレコードフェア

 

各レコードショップやアーティストのグッズなども売ってて、かわいいの多かったです。

スモーガスバーグのレコードフェアのグッズ

 

古着や雑貨のショップが並ぶBrooklyn Flea(ブルックリンフリー)

スモーガスバーグの会場から徒歩2分くらいのところに、ブルックリンフリーの会場がございます。こんな感じでフラッグが出てるのでこちらを目印に。

ブルックリンフリーの会場

 

こちらも入場無料です。ほんと青空市って感じですね。天気いい日は最高。

ブルックリンフリーの会場

 

ヴィンテージのおもちゃや雑貨がいっぱい。値段もお得なものがたくさんあるので、各国からの雑貨バイヤーさんも多いそう。

ブルックリンフリーの会場

 

Hamajiの大好きなタイポグラフィの活字!欲しかったけど重いんですよねこれ。笑

ブルックリンフリーの活字

 

古着やアクセサリーも、各国から集めた掘り出し物がいっぱいあって見てるだけでも楽しいです。

ブルックリンフリーの古着

ブルックリンフリーのアクセサリー

会場には、NYの若手アーティストの作品も販売されています。

面白かったのが、本物のレコードを使用してアート作品にしたこちら。おそらくですが、シルクスクリーンプリントっぽかったです。カッティングとかはレーザーカッターでしょうか?

ブルックリンフリーのアーティスト作品

ブルックリンフリーのアーティスト作品

NYの普通のショップではなかなか出会えない作品も多いので、是非行ってみてください。

スモーガスバーグとブルックリンフリー、オープンの11時から滞在して、だいたい3時間ぐらいで全てまわれました。土日にNYに滞在するなら絶対行ってみて!とおすすめしたいマーケットですね。とてもハッピーな時間を過ごせました。

では。

Williamsburg(ウィリアムズバーグ)
場所:East River State Park(イーストリバー・ステートパーク)
住所:90 Kent AvenueとNorth 7 Street
開催予定:11月~3月の毎週土日 11:00~18:00 雨天決行
入場料 : 無料

Prospect Park(プロスペクトパーク)
場所:Prospect Park Breeze Hill(ブリーズヒル)
住所:Breeze Hill, Brooklyn, NY 11225
開催予定:4月~10月の毎週日曜日 11:00~18:00 雨天決行
入場料 : 無料

スポンサーリンク