秋田県 下湯沢の蔵をリノベーションしたインテリアショップ& ブックカフェ「ももとせ(momotose)」

Mr.Hamaji
こんにちは!Doing ARTデザイナーのMr.Hamajiです

さて、お盆休みはいかが過ごしましたでしょうか?Hamajiは地元秋田に帰省して家族や友達とゆったりとしたお盆を過ごしました。

帰省するときは、いつもお盆やお正月はバスなどの値段も高騰するため避けていたのですが、こういう時期は普段会えない各地に住んでいる友達や親戚もみんな帰省してるので久々に集まったりするのが楽しいですね。

そしてBENの自宅で作れない中皿や大皿は地元の陶芸教室で作らせていただいているので、久々に行って来ました。

11月のデザフェス用に鳩のお皿作りました。綺麗に焼けるといいですねー。楽しみ。

Hamajiの地元は秋田の中でも特に田舎で、高校卒業するまでコンビニすら近くになくて一番近いコンビニでも自転車で40分くらいかかりました。なのでHamajiが短大に入学した頃、同じ町内に初めてファミマができて、「なんで今やねん!」とツッコミ入れた記憶があります。笑

そんな田舎なので、友達とランチなどといっても、まず友達のお宅にお邪魔してお母さんに何か作ってもらうか、自宅か、もしくは近くの小さなラーメン屋か、この3択でした。今だからこそ東京に染まりきってますが、上京するまでは本当に憧れてましたよ花の都・東京 !!

帰省すると最近はブログに書くという楽しみも増えたので、地元の知らなかった観光地巡りや、お店巡りをしております。帰省するといつも会う友人に、最近のおすすめスポットは?と質問したところ、

「それがね、めっちゃおしゃれなカフェ見つけたのよ。おしゃれ度でいうと東京超えてるよ?」

ま、じ、す、か?

おしゃれ度東京超えってかなりのモンスターの予感。しかも、Hamajiの家から結構近いところにありました。これが高校時代とかにあったらなー!なんて意味のない妄想に胸を踊らせ、早速行ってみることにしました。

 

秋田県 下湯沢の蔵をリノベーションしたインテリアショップ&ブックカフェ「ももとせ(momotose)」

秋田だとほとんど車移動になりますが、最寄駅は奥羽本線の下湯沢駅。(電車は1時間に1本程度なので、時刻表はしっかりチェックすることをおすすめします。) 下湯沢駅から約913mの所にあるのが、カフェ ももとせ(momotose)です。

本当に人通りも少ない所にあるので地図やナビに忠実に行ったほうがいいかと思います。Hamajiは友人の車でナビつけて行ったのですが、それでも迷いました。笑

外観はこんな感じです。

カフェももとせの外観

 

入り口のところでは新鮮な野菜を無人販売してました。値段も安くて野菜が大きくてフレッシュ。中に入ってみると、、なにこれ、ここはもしかして代官山?みたいな雰囲気。

カフェももとせの内観

 

ももとせの「もも」は百という漢字から来ているのですね。ロゴマークが味のある「百」になっていて素敵です。

カフェももとせのロゴマーク

 

そしてこのカフェの最大の魅力は、築100年以上の蔵をリノベーションした店舗という点!このように、昔の蔵の名残もしっかり残しつつ、古い蔵の重厚さと、現代のおしゃれな感じがミックスされてとても素敵な雰囲気を醸しているのです。

カフェももとせの蔵

カフェももとせの蔵

 

蔵の中はこんな感じ。

カフェももとせの蔵の中

 

一つ一つスペースが区切られていて、リラックスして座れるソファーや座敷のお席も。

7_カフェももとせのリラックススペース

インテリアなども大変凝っていておしゃれなんですが、なんとこちらで使用されている家具はすべて販売も行っているそう。

扱っている家具は全て国内で製造されたもので、長く使える素敵なデザインのものばかり。気になる家具があったら、実際に店舗で試して、購入を検討できるのはとてもいいなーと思いました。

家具の他にも、生活雑貨なども販売しているのですが、どれもこだわりが見えるセンスの良いものばかりでした。

河北さんがデザイン革命が起きたという記事を書いてましたが、これは本当に大切なことだと思うのです。生活を豊かにするものは、決して人と人とのつながりだけではなくて、自分の好きなものに囲まれて暮らすというのはとても幸せなことですよね。

カフェももとせのポスター

 

そしてカフェでHamajiが注文したのはアイスコーヒーとチョコバナナのパウンドケーキ。夏らしい透明のお皿に、カラメルがのっかったバナナとヨーグルトが添えられていて、、おいしい。コーヒーと合う!

カフェももとせのコーヒー

カフェももとせのケーキ

あっという間に完食してしまいましたが、幸せなひと時でした、、幸。Hamajiがいただいたのはカフェメニューですが、ランチメニューの月ごとに変わる月替わり膳などが人気のようです。土曜日のみディナーもあり予約もできます。是非メニューをチェックしてみてくださいね。

席は他にもお庭が見える窓際や、外のテラス席も。こちらも気持ちよさそうですね。

カフェももとせの窓際席

カフェももとせのテラス席

ブックカフェとついているくらいなので、所々に設置されている本の種類も豊富。子供用の絵本だったり、インテリア系の雑誌、料理や裁縫の本などなど。1日いてゆっくり本を読みたくなるようなラインナップでした。

周りのお客さんを見渡して見ると、カフェめぐりが好きなんだろうなーという若い女性達だったり、地元のおじいちゃんやおばあちゃんだったり、夏休み中の小学生が友達と宿題をしていたり。

とてもおしゃれな空間だけど、しっかり地域の人に愛されているカフェなんだなということがわかりました。

Hamajiも中高生の時にこんなカフェが家の近くにあったら、、もう最高ですね。カフェいくためのお金貯めて週一くらいで通ってたと思います。笑

地元にこんなカフェがあるとは。また秋田の素敵スポットを見つけてしまいました。帰省したらまた行きたいと思います。秋田県南にご旅行の際は是非行ってみてください。

では。

 

場所:ももとせ(momotose)

住所 : 秋田県湯沢市岩崎字岩崎160
アクセス:奥羽本線の下湯沢駅から913m
営業時間 : 日月木金の10:30~17:00(ランチ11:30~ラストオーダー15:00)
土曜日は10:30~21:00(ランチ11:30~ラストオーダー15:00)(ディナー17:00~ラストオーダー20:30)
定休日 : 火・水曜日

https://tabelog.com/akita/A0505/A050502/5006720/dtlrvwlst/

スポンサーリンク