ZEPPET STORE 木村世治氏のライブに行ってきた

Mr.Hamaji
こんにちは!Doing ARTデザイナーのMr.Hamajiです

最近はどこに旅行に行くか、なんの映画を観るか、誰のライブに行くかを考える時間がとても好きです。決め方は、旅ならインスタで見た世界の観光地とか、映画なら映画館行ってその日の気分で決めたり、ライブはyoutubeでたまたま見つけたバンドとか。昔に比べてかなりフットワークが軽くなってきたような気がします。

友達とどこか行くのも大好きですが、自由に動けて、色々考えたりと学びが深いので一人で行動するのも最近はすごく好きになってきました。今年は一人旅も色々行きたいと思います。

おすすめの場所とか映画とかバンドとかあったら是非教えてください。

ということで今月行ってきたライブは、ZEPETT STOREというバンドのボーカル、木村世治氏のライブ。きっかけは自分のブログを読み返して。笑 この記事です。

これを読み返して、そういえばLEMONed(hide氏が立ち上げたレーベル)から出たアーティストってどんな感じなんだろう?と思い立ち、調べてるうちにライブ情報を見つけたので、よし行ってみようとそのままチケットとりました。チケット取った後にYoutubeで曲を聴いてみて、あ、取ってよかったと思いました。今、こういう音楽欲しかった。笑

日常で、不思議だなと思うのは、Hamajiはいつもシャッフルにして音楽を聴きながら作業をしているのですが、選んでるわけでもないのにわりとその時の気分にぴったりな曲を流してくれるんですよ、うちのiTunesは。笑 なんで?PCって感情まで読めるの?と思う。

突如流れてくる音楽に毎回、意欲を掻き立てられたり、怒りを沈めてもらったり、泣きたくなったり、元気もらったりしてます。気持ちに寄り添ってくれる音楽という魔法はほんとすばらしいと思うのです。すごい力を持っておられます。 また脱線しましたが、そんな感じで今こういう音楽聴きたかったー!と思ったのが、今月チョイスした木村氏のライブでした。

ZEPPET STORE

ZEPPET STORE(ゼペット・ストア)http://zeppetstore.jp/ は日本のバンド。1996年メジャー・デビュー。2005年8月に解散したが、2011年に再結成された。13枚のシングルと12枚のアルバム(内2枚はインディーズ盤)を発表している。hideに見出された形でメジャーデビューに至り、深い関わりを持っていた。1997年という、一説に「ニューロック世代」と言われる時期のバンドの一つ。当初はあまり精力的な活動は行っていなかったが、インディーズ・デビューを果たしてから1年後の1995年、『Swing、Slide、Sandpit』が当時X JAPANのメンバーであったhideの耳に止まり、その音楽性に惚れ込んだ彼の働きかけによりゼペットの音楽を世に送り出すためのレーベル「LEMONed」がビクターに設立される。また同時期、ベーシストとして中村が加入。hideは早速彼らを海外レコーディングへと誘い、hideのバックアップのもと、セカンド・アルバム『716』を完成させる。欧米のバンドのようなサウンドに仕上がった本作は日本ではリリースせずに全米のみで発売(日本でも輸入盤が流通)し、全米ツアーを行った。

Wikipediaより

 

HEY! HEY! HEY! にも出てたようです。めっちゃ懐かしい。トーク面白い。笑

X JAPANのhide氏が、事務所にたまたま落ちていた彼らの1stアルバムを手にして、聴いてみたところ衝撃を受け、彼らを世に出すためにレーベル「LEMONed」を設立。かなり夢のある話ですよね。1stアルバムのジャケットが結構インパクトあったそう。あ、こちらです。

Swing,Slide,Sandpitのジャケット

やはり絶対ジャケットって大事。音楽って実力はもちろんですが、運やタイミングも大きく関係してくる世界なんだろうなってことは、近年バンドのジャケットを作ったりしていく中ですごく実感しました。

なかなか結果が出なかったり、周りがうまくいっていたりするのを見るととても焦ってしまうので、腐らないマインドを持ち続けることは実際はとても難しいです。それでも、いつチャンスが訪れても堂々と自信を持って作品を世に送り出せるように、常に作ることは継続していたいなと思います。

止めてしまったら、今までの努力も、未来の可能性も水の泡ですからね。ZEPETT STOREは海外でレコーディングをしており、2ndアルバムの「716」は全米でリリースされて高い評価を受け、全米ツアーも行われております。今でこそONE OK ROCKやPerfumeなど、世界で活躍する日本のアーティストも増えてきましたが、当時はかなり大きなことだったのではないでしょうか。

ではZEPPET STOREのおすすめ曲をいくつか紹介します。

まずはhide氏が100回以上泣いたというこちらの曲。

 

この曲とか好きでした。ガレージロックぽくて、程よくエモくて聴きやすい。

 

これもすごい好き。耳から離れません。笑

洋楽が好きなHamajiのおすすめはこちら「716 -Special Edition-」。1996年5月にアメリカで発売されたアルバム「716」にデジタルリマスタリングを施した作品でございます。こちらに入ってる曲はどれもすごくよかったです。余裕でポチりました。笑

created by Rinker
Lemoned
¥2,997 (2019/09/19 07:31:08時点 Amazon調べ-詳細)

そしてhide氏が感動した1stアルバムはこちら「Swing,Slide,Sandpit」。一時はオークションで数十万円という高値がついていたそう。メンバー監修のもと完全リマスター盤で復活しております。

created by Rinker
¥1,600 (2019/09/19 09:18:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

木村世治

木村 世治(きむら せいじ、1967年9月23日 – )日本のミュージシャン。1996年ZEPPET STOREのボーカル&ギターでメジャーデビュー。 2005年にZEPPET STOREを解散、以降ソロユニットhurdy gurdy、Pale Greenを主に活動中。O型。福島県いわき市出身。

 

2011年に再結成されてからも活動を続けているZEPPET STOREですが、ボーカル&ギターの木村氏ソロでも精力的に活動しております。福島県いわきということで、Hamajiと同じ東北!しかもHamaji父は毎年冬は福島にいるので勝手にめちゃくちゃ親近感を抱きました。笑

年を重ねても、歌声は深みを増しておりますね。素敵。こちらの曲のギターソロはX JAPANのPATA氏、ベースはAqua TimesのOKP-STAR氏、そしてボーカル&ギター&ドラム&キーボードが木村氏。ミュージシャンって全部演奏できんるんでしょうか?ごいす。

 

All Request Day~TOKYO~

てことで曲もインプットして、意気揚々とライブへ行ってきました。場所は久々の下北沢。

下北沢駅

 

最近自分の中で空前の古着ブームが起こっておりまして、早めに行ってがっつり買い物しました。笑 ほんと安くてかわいい古着屋多くて下北最高。日曜だったのでマルシェ的なのもやってたりしてライブがある時間までゆったり堪能しました。

下北沢商店街

 

お昼を過ぎて、会場のBAR?CCO
下北の駅からは徒歩で5分くらい。地下にございます。

下北沢のバーCCOの入り口看板

 

こじんまりとしたバーでいい雰囲気でした。ソールドアウトだったので、結構込み込み。なんとかカウンターの奥に1席空いてたのですが、わりとベスポジでした◎ライブ中はめっちゃ集中して聴いてたので、始まる前になんとか撮った写真を一枚。ボケッボケ。笑

下北沢のバーCCOの木村世治のライブ

下北沢のバーCCOの木村世治のライブ

この日はリクエストデーということで、チケット予約時にリクエスト曲を自前に入力できる形になってました。Hamajiは先ほど紹介したZEPPET STOREの曲をリクエスト。歌ってくれました。ライブ前に聴いて向かったので感動しました。

この日は2部構成になっていて、まさかの全31曲熱唱。すごかった。ほんとライブをずっとやってきた人なんだろうな。最後まで全然衰えを感じない歌声と演奏でした。一人でここまでやるってすごいなあと。そしてトークがめちゃくちゃ面白かった。笑 アコースティックも歌が際立ってすごく良かったけど、次はZEPPET STOREとしての木村氏も観に行きたいです。

この音楽を聴いてhide氏は「彼らを世に出さなきゃいけない」と思ったのかーとか、何歳になっても挑戦し続けること、作り続けることの意味とか。色々自分の中で気持ちが浄化されていくのがわかりました。

やっぱりですけど、もうわかってるんですけど、自分が元気になったり、やる気になったりする時って、必ず音楽が後押ししてくれてる気がします。今月もすばらしいライブに行けて良かったです。ありがとうございました。また行きますだ。

では。

スポンサーリンク